風水で運気向上!部屋のテレビの対処法とは

風水で運気向上!部屋のテレビの対処法とは

「寝ながらテレビを観れるから便利」などの理由から自宅の寝室にテレビを置いている方はいらっしゃいますでしょうか。確かに寝ながらテレビを観ることができたりすれば、休日にベッドの上で気楽に過ごせて便利ですよね。しかし実は寝室にテレビを置くことは風水的にもともとやってはいけないことなのです。皆様はその理由をご存知でしょうか。今回は案外知られていない寝室にテレビを置いてはいけない理由と、もしテレビをどかせない場合の対処法をお伝えしたいと思います。

テレビは寝室に置いてはいけない

もともと寝室は寝るための場所なので電子機器を置くのは良くありません。寝る間際に携帯をいじりながら寝るのがいけないようにテレビも同じです。そもそも「睡眠」は「体力の回復」と昼間に消費をしてしまった気を充電するためにするための行為でもあります。そのため人間の身体に悪影響を与える電磁波は睡眠の妨げになってしまいます。このような理由から寝る時にはなるべくベッドの周りにテレビや携帯などの電子機器を置かないようにすることが大切なのです。

テレビは電源を抜く

しかしワンルームしかなかったり、もうそこに置いてしまったからという理由からなかなかテレビを寝る場所から遠ざけるのが難しい場合もあります。その場合はテレビの電源を抜いてから寝るようにしましょう。もちろん寝る場所から電子機器を移動させることが理想ですが、無理な場合は最終手段を使いましょう。テレビは電源を消すだけでは電磁波を防ぐことができず、電源を消してから電源コードを抜く必要があります。なので寝る前には忘れずに電源コードを抜くようにしましょう。

静電気防止スプレーを使う

冬場にテレビの画面を触ると静電気が起こるとおもいます。このようにテレビの画面には静電気が溜まってしまうので寝る前に静電気スプレーを使って画面を拭いてあげるのもおすすめです。テレビは静電気をまとうものなので画面にホコリが溜まりやすいです。そのため画面にホコリを溜めないようにするというのが運気を停滞させない方法です。画面の清潔さと静電気軽減の一石二鳥で運気を保つことができます。ただし毎晩毎晩これを続けるのはなかなか骨が折れる作業なので根気が必要な作業になります。防止スプレーをかけるときは、直接吹きかけずタオルなどにしみ込ませてから拭くようにしましょう。

観葉植物を置く

植物は自然のものなので静電気のアースになってくれます。もし電源を抜いたり静電気スプレーがなかなか続かない場合はテレビなどの電化製品の近くに観葉植物を置くようにしてください。この場合大きい物は管理も大変なので小降りのかわいらしいものがおすすめです。

まとめ

基本的に寝室にテレビを置くことはあまりおすすめしません。静電気は睡眠の妨害になってしまいますし、良い気を充電することもできません。しかしそれでも寝室に置く場合は毎晩静電気を軽減させるようにしてください。その方法とは「テレビの電源を抜く」「静電気防止スプレーで画面を拭く」「観葉植物を置く」この3つです。観葉植物は置いておくだけで大丈夫ですが、電源コードを抜いたり画面を拭くことは毎日続けなければいけないことなので負担が大きいです。ですのでなるべく寝室にはテレビを置かないようにこころがけるようにしましょう。

風水  風水