風水からみた浴室、リビング、寝室がつかさどる運気

風水からみた浴室、リビング、寝室がつかさどる運気

家の中にある各部屋には部屋ごとにつかさどっている運気が異なっています。各部屋の吉相プランを立てる前に各部屋のもつパワーについてご紹介します。

浴室と洗面室

浴室をつかさどっているのは、夫婦の愛情といわれています。そのため、もし家庭内に浮気やセックスレスといった問題がある場合は、この浴室に原因があるのかもしれません。いつまでも夫婦円満に暮らしたいのであれば、ぜひこの浴室・洗面室を吉相にしましょう。また、浴室は家族ひとりひとりの運気にも影響しますので、十分注意するようにしてください。浴室に必ず存在する湿気は、火や水のように方角の運気をダウンさせてしまいます。西に浴室がある場合は金運、東にある場合は健康運が心配されます。凶の作用を抑えるためには、まずは湿気や汚れをシャットアウトするようにしましょう。そのためにも湿気がこもりにくく、手入れのしやすい設計で浴室をつくりましょう。タイルや浴槽はもちろん、蛇口などもピカピカに磨いて掃除をしましょう。最後に乾拭きをして湿気を取り去ってしまうのが一番効果的です。また、狭い場所に化粧品や洗濯用品など詰め込んだ洗面所も運気を落とす元になってしまいます。収納スペースを十分に確保し、丁寧に掃除をして清潔感のある空間づくりをめざしましょう。

リビングとダイニング

家族のだんらんの場所がリビング・ダイニングであるといえます。このリビング・ダイニングが吉相でないと、家族間の人間関係が悪化してしまうことがありますので注意が必要です。家の中の居心地が悪くなり会話も弾みません。運気にあふれたリビング・ダイニングであれば、家族みんなが心身ともにリフレッシュすることができるでしょう。また、人は食べ物から自然のパワーを得ています。そのため、食事の場所であるダイニングは家族の健康運を左右する大事な場所になってきます。内装やインテリアを吉相にすることで吸収できるパワーが高まりますので、方角にあったカラーやアイテムを積極的に取り入れるようにしましょう。

寝室

家相のよしあしは寝室で決まる、といった古い言葉がありますが、実際のところはこの言葉の通り、住む人の運気を左右するのが寝室になります。家の中心は主人の寝室にあるといわれるほど気が集中する場所であると風水では考えられているからです。また、寝ているときには、体が大地と並行になります。そのたえ、寝ている姿勢のときは人は自然のパワーを効率よく吸収できるといわれています。このパワーを吸収するときに、人は寝室のパワーを吸い込むのではなく、その家全体のパワーも吸収するといわれています。そのため、運気アップを図る場合には、どの方角に寝室を配置するのか、またどこに床を敷くのか、そしてどの方角を向いて眠るのかといった問いはとても重要になってきます。さらに、目的にあった方角にベッドのサイドテーブルを置く必要があります。また、寝室には大きめのクローゼットを配置して、部屋が散らからないように設計することも大事でしょう。窓に際しては、カーテンとドレープで2重吊りにするのも理想的であるといえます。寝室は家相や家族全体の運気を左右する重要な場所といえるでしょう。

風水  風水