風水から考えたベストな収納の間取りとは

風水から考えたベストな収納の間取りとは

主婦の悩みの種といえば、収納が足りないからなかなか片付かないといったものがあるのではないでしょうか。収納に関するベストな間取りはあるのでしょうか。方角ごとにベストな収納の方法が異なりますので、方角ごとに紹介します。

北に収納する

ホコリがなく片付いている収納であれば、精神的な落ち着きを保つことが可能になります。この方角にふさわしくない火のパワーをもつもの(ストーブなど)を収納していると、安定感に欠けた家になってしまう可能性がありますので注意しましょう。北には貯めるパワーがありますので、金庫を置いてお金や通帳などしまっておくとよいでしょう。

東北に収納する

東北という方角は本来は収納と相性のよい方角になります。しかし、汚れていると子どもに悪影響が生じますので、常に整理整頓を心がけましょう。白い布やレースなどを収納の内部につるして中が丸見えにならないようにするのもよいですね。

東に収納する

東に収納がある場合は室内に朝日の入る窓を入れることができなくなってしまうため、家族の元気や気力がなくなりがちになってしまいます。収納の内部を綺麗にすることで、パワーダウンを防ぎましょう。東の太陽のパワーを補うためにはどこかに赤いカラーをアレンジするとよいでしょう。

東南に収納する

東南に収納をつくる場合は、においと風通しに注意するようにしましょう。湿っぽかったりカビっぽくならないように、扉をこまめに開けて換気をしっかりとするようにしましょう。本来は東南には菜度をつくり、そこからさわやかな光や風を取り込むことが望ましいと考えられています。収納がこちらの方角につくられると、それができないことになりますので、収納の内装を光や風のイメージでまとめてみましょう。

南に収納する

南の方角は才能運や美容運、人気運とかかわりが深いといわれています。輝きがこの方角にとって重要になりますのでドアの取っ手やガラスの部分はいつも磨いてピカピカにしておくようにしましょう。

南西に収納する

南西の方角は家庭運や持続力に影響する大切な方角になりますので、ぜひきれいに保つように心がけて下さい。何市絵に収納があると家庭が落ち着き、主婦が家事じょうずになるといわれています。汚れた収納になると家族関係もだらけてしまうので注意しましょう。壺や茶碗、布製品や紙製品などを収納するのに適しています。茶色やグリーンといった色の内装がよいでしょう。

西に収納する

西には大きな窓をつけるよりも収納スペースを設けるのに適した方角になります。ここの収納がきれいに片付いていればお金に不自由することはないでしょう。西に黄色で金運アップというように、収納の中でも黄色い布やボックスを使うのがおすすめです。お財布や化粧品、ヨーロッパ製のものなどをこちらに収納するとよいでしょう。

北西に収納する

北支絵は男性、一家のあるじのパワーを強くする空間なので、ここに書斎があるのがベストです。収納があるのであれば、ご主人のものや親から譲られたもの、神仏や先祖に関わるものなどを収納するのがよいでしょう。女性のものであればブランド品などの収納にも適しています。白くて四角い収納ボックスは運気アップのグッズといえます。

風水  風水