寝室のベッドメイキングを風水でアレンジしよう

寝室のベッドメイキングを風水でアレンジしよう

寝室は睡眠によって気をチャージするとても大切な部屋になります。人間は3分の1の時間を睡眠に費やすといわれていますから、長い時間を過ごす寝室を運気アップできる部屋に変えましょう。

寝室に鏡

寝室に鏡を置いている人はいませんか。鏡があること自体は問題ありませんが、鏡に寝姿が映ると人間は寝ている間にパワーをチャージすることができません。鏡に睡眠中のパワーを吸い取られてしまうからです。可能であれば、鏡の位置を移動させて、鏡に寝姿が映らないようにしましょう。鏡を動かすことができないときには、鏡にカバーをして寝姿が映らないように工夫しましょう。

枕元はすっきりと

睡眠中私たちはよいパワーを吸収していいますので、寝室に置くものの位置なども十分に注意を払わなくてはいけません。特に私たちは頭から気を吸収し、足から悪い気を放出するといわれています。したがって、枕元にものはごちゃごちゃと置くのは避け、枕元をすっきりと整理しましょう。

フローリングに布団は禁

フローリングの上に直に布団を置いている人はいませんか。布団の直置きは風水では推奨されていません。というのも、床は地面と同じ扱いになるからです。フローリングに布団をひきたい場合は、マットレスなどを置いて一段高くしてから寝るのがおすすめです。ただし、畳の上であれば直に布団を引いてもかまいません。畳からは家族運の気が出ているので、直敷きしてもよいのです。ベッドにしろ布団にしろ、寝室の在り方がその人の運を大きく左右しますので、丁寧にベッドメイキングするようにしましょう。

ベッド下の収納

ベッドの下に収納スペースがあり、ものを収納している人も多いと思います。しかし、ベッドの下の収納には通帳や印鑑といったお金に関するものは置かないようにしてださい。お金を下敷きにして寝ていては金運のアップは望めないでしょう。逆に、がらくたといった処分に困ったものをベッドの下の収納にしまいこむのもよろしくありません。不用品の上で寝ていては、不要の気にひっぱられてしまい、十分に気をチャージすることができないからです。タオルや洋服といった日常的に使うものをベッド下には収納するようにしましょう。

睡眠時間は充電時間

寝室で眠る時間は人間にとっては運力、体力、気力をチャージするための大事な時間です。翌日もよい気に好かれる一日を過ごすためにも、「寝る」という切り替えをするようにしましょう。寝る前にはテレビや携帯をしっかりとオフにして、しばしのリラックスタイムを過ごしましょう。好きな音楽を聴いたりリラックスできるアロマをたいたりするのもおすすめです。ストレッチやヨガをしたりして体を緩める行為もいいですね。寝室では活動から睡眠へ、すなわち動から静への切り替えをしっかりと行いましょう。嫌なことがあった日などは寝る前に悶々としてしまうこともあるかもしれません。しかしそういったときでも今日という一日に感謝して明日への良いイメージを抱いて眠りにつくことが重要です。たとえ疲れた日だったりトラブルがあった日であっても、あれこれ反省したりくよくよしたりするのは避けましょう。ポジティブな気持ちや考えは次の日に朝から良い気をもたらしてくれます。

風水  風水