風水で理想的な間取りづくりをする前に知っておくこと

風水で理想的な間取りづくりをする前に知っておくこと

家を建てるときや家を購入するときに、重視するのが部屋の間取りだと思います。風水の知識を応用して理想的な間取りづくりをしてみませんか。

シンプルな四角い土地

風水では可能な限り四角に近いシンプルな建物の形をよしとします。しかし、現代の住宅事情を鑑みると、なかなか四角い敷地に四角い家を建てるのは至難の業といえます。土地の形に合わせて少しでもスペースを確保しようと考えて凸凹のある間取りになってしまうことがあるでしょう。最近ではマンションの場合もやはり同じように欠けのない間取りは少なくなってきているようです。特に玄関ポーチやエアコンの室外機置場などがへこんでいるようなケースはよくみかけます。ぜひ不動産屋さんに問い合わせて正確な図面を取り寄せて確認してみてください。

張りと欠け

上記のように敷地や建物の一部分が出っ張っていることを風水では「張り」と呼びならわしています。また、へこんでいることを「欠け」と呼びます。この張りの大きさは壁の幅の3分の1以下で出っ張っている個所のことを指しています。それよりも大きく出っ張ってしまっていると、その横の欠けている部分の凶の作用が働いてしまします。この「張り」は、パワーを高めた方がよい方角につくるとよいとされていますが、その場合はそのほかの方角とのバランスを考える必要があります。

張りと欠けの作用

風水では、張りがあればその方角のパワーがアップし、欠けがあるとそのパワーがダウンしてしまうと考えます。例えば東に張りがある家は健康運や仕事運に恵まれた家となるでしょう。西に欠けがある場合は金運に恵まれない家となってしまいます。ただし、パワーをたくさん上げたいからといってむやみやたらにたくさん張りをつくるのはよくないでしょう。例えば東南に張りを作るのは吉相と考えられていますが、これは対角線上の北西にも吉相になる配慮をした場合のみといえます。そのため、方角のバランスをとることが重要になるのです。特に鬼門にあたる東北と南西には張りや欠けがないのがベストといえるのです。また、張りが大きいからといってパワーがより大きくなるわけではありませんので注意しましょう。

植栽を使って欠けを補う

どうしても欠けができてしま場合には、それを補うことが重要です。おすすめな方法は欠けの外側に植栽をつくることです。欠けの部分が地面である場合には、この方法がベストといえるでしょう。ただし、家の中心からみた凶の方角に対しての植栽は不適切と考えます。マンションの場合であっても欠けの部分にバルコニーや専用の庭がある場合には鉢植えを置くことで同様の効果が得られるでしょう。

鏡を使って欠けを補う

二つ目の欠けを補う方法は鏡を使う方法です。欠けている部分の内側に鏡をかけるのです。鏡を囲むフレームがその方角のラッキーカラーですと、より開運が開けるでしょう。鏡面は壁の方に向ける必要はありませんので、ぜひ試してみてください。また、そのほかの欠けを補う方法としては盛り塩を置くという方法があります。角に欠けがある場合にはその角の対角線上に盛り塩をひとつ置きましょう。壁の中央に欠けがある場合には盛り塩が2つ必要になります。壁のへこんでいる2箇所に盛り塩を置くのです。また、外に盛り塩を置くことができない場合には、部屋の内部に盛り塩をすることでも対応が可能です。この場合は盛り塩を3つ用意して、へこんでいる各辺に1つずつ置くのがよいとされています。

風水  風水