風水で寝室を快適空間に変えよう

風水で寝室を快適空間に変えよう

寝室は一日の疲れを癒すとても重要な場所です。眠っている時間は常に寝室からの気のエネルギーを受け続けていますので、寝室を風水で快適空間に変容させましょう。

通風でを気の循環を

睡眠中は人間は一番無防備になります。家の気を受けやすい状態にあるため、寝室は家相上とても重要な場所を考えられています。特に深夜は人の動きが少ないため、空気もよどみやすいので気の流れも停滞しがちになります。したがって、通風や換気の工夫をすることが重要です。風の通りをよくして、気のエネルギーが循環できるようにしましょう。

寝室の照明

寝室の照明はあまり派手なシャンデリアや色付きのものは避けた方がよいでしょう。気分を落ち着かせることができる色がよいとされています。電球色の照明はおすすめです。また、寝室に生け花をたくさん飾っている人がいますが、これは避けた方がよいでしょう。

ベッドにぬいぐるみ

ベッドにぬいぐるみがたくさんある人は要注意です。ねいぐるみや人形は生気を奪うといわれています。そのため、ベッドにぬいぐるみがたくさんあると寝ている間に活力がダウンしてしまいます。もしどうしてもおきたいという場合には、お気に入りの一つに絞りましょう。

窓を開けて寝る

季節によっては窓を開けて寝ることもあるかもしれません。しかし、夜の外気は悪い気を含んでいるといわれています。そのため、窓を開けてねてしまうと、部屋の中に悪い気がたくさん入ってきてしまいます。寝る前に窓はしっかりとしめるようにした方がよいでしょう。

カーテンと寝具

寝室のカーテンと寝具はメリハリをつけたほうがよいといわれています。特にカーテンはバランスが重要といえるでしょう。どちらかが派手めなものである場合は、どちらかをシンプルなものにしましょう。そして、ボーダー色の枕カバーをしている人は要注意です。頭に使用する枕は脳の働きに関係します。太いボーダーの柄は、集中力の低下を招くといわれているからです。考えがまとまりにくくなる可能性があるので避けましょう。また、黒い枕カバーも同様の理由から避けた方がよいとされています。最後にカーテンを使わずにブラインドを使っている人もいるかと思いますが、ブラインドは寝室には避けた方がよいとされています。ブラインドは光や風が入りにくいので閉まりっぱなしにするのが厳禁とされているからです。

毎朝のベッドメイキング

毎朝ベッドメイキングをするようにしましょう。寝具が一日中起きたままの状態になっていると朝と夜の切り替えがうまくできずに、運や気の流れがまとまってしまいます。能力を生かして働きたいと願っている人は、朝のベッドメイキングを習慣づけするとよいでしょう。

大きなサイズのベッド

仕事運をアップさせたいと考えている人は、大きなサイズのベッドで寝ることをおすすめします。枕も大きい方が能力を十分に発揮させることができるでしょう。ただし、狭い部屋に不釣り合いな大きいベッドを置くことは逆効果になりますので注意しましょう。

枕元にスタンドランプ

枕元にスタンドランプを置くと家庭運がアップするといわれています。白熱灯のスタンドランプを置くと黄色がかったあたたかい色合いが気持ちを落ち着かせてくれます。夫婦の寝室にスタンドランプを置いた場合には夫婦仲が良好になり、家庭運アップをのぞむことができるでしょう。

風水  風水