寝室の枕の向きを活用して風水的運気を向上させる方法とは

寝室の枕の向きを活用して風水的運気を向上させる方法とは

皆様のご自宅の寝室のベッドの向きはどのあたりに置いていますか。そしてどの方角を向いているでしょうか。いつも寝る時に自分の寝ている方角を意識したことはありますでしょうか。実は自分の寝る時の方角というものは風水ではとても重要なものなのです。枕の向きがどの方角に向いているかによって自分が寝ている間に得ることのできる運気がそれぞれ違います。今回は寝る時に参考になる枕の方角についてお伝えしたいと思います。

東向き

東は太陽の向きになるので「仕事運」を向上させる効果があります。東には「成長」という意味もあるので仕事の発展やエネルギーを得ることのできる方角です。さらに東側にはやる気を出す効果もあるので、なかなか朝起きれなかったりやる気がでない方は東向きに枕を設置してみて下さい。

西向き

西は「落ち着き」を得られる方角なので良く寝ることのできる方角です。なかなか疲れの取れない方は東向きに枕を置いて寝てみてください。西向きは東向きと相反する方角なのでやる気面は低下してしまうこともあります。しかし悪いことだけではなく「恋愛」や「金運」にも効果的な方角になります。

南向き

風水において「南枕」とはあまり良い意味はありません。南の方角にして寝てしまうとアイディアが浮かんでも形にできなかったり空気の読めない人になってしまいます。さらに気が散りやすくなったり眠りが浅くなることがあるので寝ている間に気の充電がうまくできません。「直感力」や「知性」の運気には良いと言われていますが、基本的には南枕にはしない方がよいでしょう。

北向き

「南枕」が良くないと言われているように「北枕」は良い方角と言われています。風水では「北」という方角から良い気が流れてくるといわれているので北側に枕を置くことによって良い気を頭から吸収することができます。運気では「人間関係」や「金運」効果があります。北向きに枕に置くと総合的に良い気を充電することができるので一番おすすめの方角です。

まとめ

実際にどの方角が良い悪いと決まっていても、自宅の間取り的にどうしても枕を置けない方角があると思います。そういう時は置ける場所の中から一番最善の方角を選ぶようにしましょう。「東向き」は「仕事運」を寝ている間に得ることができます。なかなか気分が上がりにくいなどの悩みがある方にはおすすめの方角です。「西向き」は「質の良い睡眠」を寝ている間に充電することができます。仕事などで日々の疲れがなかなか取れない方や原因は分からないが何故か身体が怠いなどのお悩みを持っている方は枕の向きを「西向き」にしてみて下さい。「南向き」は皆様がよく耳にする通り「風水的に良くない方角」です。一応「直感力」や「知性」の運気には効果があるといわれていますが、なるべく南枕は避けるようにして下さい。「北向き」は「風水的に良い方角」です。基本的に北から気が流れてくるので「総合運」を上げれるためできるならば枕は北向きにしてください。できない場合は「南」以外の他の方角に向けるようにしましょう。寝ているときは人間が一番気を充電しやすい環境をつくることが大切です。部屋の間取りを考えつつその中でも一番良い方角で睡眠を取るようにしましょう。

風水  風水