風水的にみた寝室にふさわしい観葉植物とは?

風水的にみた寝室にふさわしい観葉植物とは?

観葉植物の緑は、お部屋をおしゃれに見せる効果やリラックス効果を持っています。

それだけではなく、風水的な力も持っているため、積極的に取り入れたいアイテムになります。

そんな観葉植物は、置く場所や葉の形によって風水的効果が異なってくるため、知識を持って選びたいものです。

ここでは、寝室にふさわしい観葉植物について、そしてどんな観葉植物がどんな運気を上げるのかについてまとめていきたいと思います。

寝室にふさわしい観葉植物について

薄暗い寝室では、耐陰性の強い観葉植物を選ぶ必要があります。

日光を必要とする観葉植物を寝室に置く際は、窓際に置くか、定期的に日光浴をさせてあげましょう。

加湿効果の高い観葉植物を置くことによって、眠っている間の乾燥を防いでくれます。

加湿効果の高い観葉植物を選ぶときのポイントは「葉の大きいもの」を選ぶことです。

また、葉の大きいものは視野に入る緑の量を増やすため、癒し効果も高くなります。

さらに、空気を浄化する「マイナスイオン」も発生させてくれるという特典もあるのです。

観葉植物の葉が丸いものや、下向きになっているものは、「陰」の性質を持ち、気を静める効果やリラックス効果があるため、寝室にふさわしいものになります。

ですから、枕元に置くことで睡眠を促し、質の良い眠りが得られるでしょう。

どんな観葉植物がどんな運気を上げるのか

「ガジュマル」は、「精霊の宿る木」・「多幸の木」とも呼ばれています。

葉の形は丸く、「金」をイメージさせます。

そのため、金運アップに効果があるとされています。

ガジュマルの理想的な置き場所は寝室の西または北の方角です。

日当たりの良い場所を好みます。

また、丸い葉の観葉植物は「調和」も意味し、人間関係の運気をアップさせる効果もあります。

「ベンジャミン」や「パキラ」も丸みを帯びた葉の観葉植物になります。

ベンジャミンは日光の当たる場所、または明るい日陰を好みます。

パキラは日陰に強い観葉植物で、窓越しの日光で十分に育ちます。

さらに、ハートの葉を持つ観葉植物は、金運とも相性が良いものとなっています。

そして、ハート型であることから、「人間関係」や「恋愛」の運気を上げるとされます。

代表的なものには「ハートカズラ」があります。

ハートカズラは、日光を好みますが、耐陰性もあるため明るい日陰で育ちます。

丸みを帯びた葉が下へと垂れ下がる観葉植物には、「グリーンネックレス」や「ワイヤープランツ」などがあり、上げる運気は恋愛運や結婚運となっています。

ですから、夫婦の寝室にふさわしいものといえます。

グリーンネックレスはカーテン越しの場所や半日陰で育ちます。

ワイヤープランツは直射日光に弱いため半日陰で管理すると良いでしょう。

まとめ

自然のエネルギーを持つ観葉植物をお部屋に置くことで、自然の良い「気」が流れ運気アップにつながります。

観葉植物は大地のパワー・太陽のパワー・水のパワーを豊富に持つ風水アイテムであるため、寝室の運気アップに欠かせないアイテムなのです。

そして、観葉植物とお部屋の相性を考えて飾ることで、より効果が期待できます。

ですが枯れた観葉植物は、運気を下げるため管理には配慮が必要です。

風水  風水