風水における鬼門と裏鬼門

風水における鬼門と裏鬼門

風水における鬼門と裏鬼門について

現代の家の建築やマンションのリフォームといった住まいに関係ある事業において「鬼門」と「裏鬼門」の要素は外されてはいません。鬼門(きもん)とは北東の方角を指す言葉で、その名の通り「鬼(邪気)の出入りする方角」という意味を成しています。鬼門は元々古代中国の考え方で、その起源の裏には説話や情勢・地形効果の問題といった様々な要素が組み込まれています。それが日本に伝来し、安倍晴明の名前で知られている陰陽道や神道、怨霊などの影響を受けて不吉な方角という認識が徐々に広まりました。そのため都や幕府から見て鬼門にあたる方向には鬼門除けとして大きなお寺が建築されることが多く、一概に軽視することはできない方角となっています。また、鬼門と同時に裏鬼門(うらきもん)と呼ばれる方角も存在します。裏鬼門は鬼門と反対の方角(南西)のことを指します。陰陽道では、北東と南西は陰陽の間で不安定になるとされています。そのため、鬼門と裏鬼門の2つは不吉な方角とされています。

鬼門と裏鬼門の調べ方

現代において十二支は年賀状に書いたり、その年を指し示すことを主に使われますが、古くは方角や時間を図るための統一された単位として使われていました。鬼門は丑寅(うしとら)、裏鬼門は未申(ひつじさる)に該当します。これを現代の単位に変換すると360度の中で鬼門は15度から75度に該当します。また、裏鬼門は195度から255度に該当します。しかし、鬼門と裏鬼門を調べるには1つ問題点が存在します。それは「家の中心をどこに決めるか」という問題です。この問題が上がる理由として、昔の建物と比べて複雑化しており、家の中心軸を決めることが困難になっているという問題です。

鬼門と裏鬼門の悪影響

「鬼門や裏鬼門の方角に三備を設けず」という言葉を聞いたことがありますか。これは鬼門と裏鬼門にあってはならない間取りのことを指します。三備とは「玄関・門」「キッチン・台所」「トイレ・水回り」のことを指します。そして鬼門の家相が悪いと影響することとして「不動産や財産に関係する問題」や「親族間での人間関係」、「幼児の病気、子宝に恵まれない」といった問題が存在します。また裏鬼門の家相が悪いと発生する問題としては「忙しくなり疲労する」「努力が徒労におわる」「夫婦関係に亀裂、妻が災いを家に引き連れる」といった影響が起こり得ます。これらの問題を引き起こさないために鬼門と裏鬼門に三備がない方が好ましいのです。同時に鬼門と裏鬼門の方角にあっても良いとされる部屋も存在します。それは寝室や書斎、子供部屋です。このように鬼門と裏鬼門の方角にあっても良い部屋も存在します。

鬼門の対策方法

基本的に鬼門への対策方法については物件の間取りが一番有効です。しかし、対策方法が間取りだけしかないということではありません。ここから間取り以外の対策方法についてご紹介します。ます、鬼門に該当する部屋の掃除は徹底的に行いましょう。これは鬼門から侵入する邪気と部屋の邪気が合わさってしまうことを回避するためです。そのため鬼門に位置するライン上の掃除は徹底しましょう。

風水  風水