場所別風水・玄関

場所別風水・玄関

①玄関に見る風水の実践

風水で玄関は、外から入ってくる運気を出し入れする場所として知られています。基本的に玄関から入り家の中を巡るとされていますが、その運気には、良いものもあれば悪いものもあり、入って来るものが良い運気とは限りません。また玄関は家の顔でもあり、家運の基礎を作っていると言われています。玄関が汚かったり、余計なものがごちゃごちゃ積み上げられていては、見た目も良くありませんし、家運にも影響を及ぼします。「何をやってもうまくいかない」とか「予期せぬ不運続き」となるのには、玄関に問題がある場合があります。玄関は風水上、重要な要素の一つですので、正しく理解して掃除や整理整頓、方位に注意しましょう。

②玄関で効果的なこと

最良の玄関は整理され清潔であることが条件とされてますので、玄関の掃除は軽くても良いですから毎日が理想とされます。良い運気は明るい場所を好むので、古くなった電球などは新しいものに交換し、下駄箱の上にテーブルランプなどを置いて、柔らかい明るさを演出すると効果的です。また良い香りは人を惹きつけ、良い気を呼び込むとされています。風水で植物は運気を良い方向へ導くとされ、枯れたものは衰退や停滞を招くので、観葉植物は枯らさないようにし、ドライフラワーも置かない方が良いです。鏡は良くも悪くも、玄関から入ってきた運気を全て外へ跳ね返してしまいますので、ドア両脇の壁に付けるのが望ましいでしょう。

③玄関の方位について

基本的に風水では、玄関が東・東南・南・西・西北が吉方位とされ良い運気の流入が期待でき、南西・北東は鬼門で要注意方位とされています。特に東南の方角に玄関があると金運が高まると言われています。そして鬼門は、家の中の運気の流れや家主の生来の運気、扉の向きで、修正は可能です。この鬼門を避ける理由は、北東は陽が当たりにくく、南西は西日が強過ぎることで建材が傷みやすく、災厄を取り込みやすいためと言われています。太陽のエネルギーが生まれる日の出から最大の力を発揮する正午頃までは、太陽の気が成長していくので東・東南は家運を高めます。しかし、真南は太陽エネルギーが強過ぎるとしています。さらに太陽のエネルギーが衰えていく南西・西の方位は家運も衰退するとされています。

④経験値に基づく風水

場所や方角、色などによって風水の働きが、弱まったり強まったりすることは確かにあるようです。しかし、住宅事情によっては、玄関などの位置は変えられないこともあります。鬼門となる北東に玄関がある場合、玄関先を広く取り、風通しや日光が入りやすい空間にしたり、玄関内に鏡を置いたり、照明を変えたり、置物にこだわったりすれば改善はできます。玄関の位置だけを見て引越したりという過剰に反応する必要はなのですが、風水の知識を知っていれば、災厄が避けられたり幸運が訪れることがあり、ある種の安心感があるのは確かです。特に玄関では、風水の難点を補ったり、より一層開運させるには、置物が一番手軽と言えます。これで精神的な安心感が得られるなら、試してみても損はないと思います。上手に風水を取り入れて活用すれば、暮らしが充実したものになるはずです。長年にわたり信じ続けられた風水は、それなりの説得力があります。まだ科学的には解明されていない部分があっても、実践的な経験値に基づいているので、人生を豊かにする知識の一つと言えましょう。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)