場所別風水・リビング

場所別風水・リビング

①家運を語るリビング

風水でリビングは、家の運気に強い影響を与える場所として知られています。家の中で居る時間が長いので、家族が集まり団欒し、くつろげなければなりません。例え狭くても、居心地が良ければ吉相ですし、居心地が悪いと感じたら、何か問題があるわけです。風水の知識がなくても体験的に受け取れるものがあります。またリビングがごちゃごちゃしていたり、風水上、好ましくないものがあると、他の場所が吉相だとしても、総合的な家運は、悪くなってしまいます。どちらの家でも、リビングの位置を簡単に変えられることはないと思います。もし、風水上、好ましくない場合でも、ちょっとしたこ工夫などで、吉相に変えられるので、正しく理解して実践しましょう。

②リビングの吉相化

余計なものを置かないようにし、季節に応じたものを置くのが基本です。テーブル上に雑然と物を置かず、床にも物などをあまり置かないようにします。リビングに良い運気を導くには、明るい方が良いのですが、明る過ぎるとリラックス出来なくなるので、照明は落ち着ける明るさや色合いに調節します。これは日差しの入り方も同じで、日差しが強すぎる場合、レースのカーテンで調節するのが望ましいです。またリビングの入り口付近に、家具やソファーなどの障害物があると運気の流れが悪くなるので、運気の通り道を確保する必要があります。さらにソファーのそばには、運気の流れを乱す電磁波を発生させる大型家電を置かないように注意してください。これで居心地は改善されるはずです。

③リビングの位置について

北側のリビングは、冷気がたまりやすいので、暖色系の家具などを置くと良く、小物では、クリーム、ベージュ、アイボリーなどを使うと良いです。北東は鬼門のリビングになるので、掃除や整理整頓が大切で、家具などはできたら白で統一するのが良いとされます。東のリビングは、若さや発展などの木の成長を連想させる方位にあり、仕事運や健康運をアップさせるには赤、落ち着きたい場合は青を主に使うと良いです。南東のリビングは、若葉の黄緑やオレンジなどの相性が最良で、南のリビングは、団結力がある家庭になるとされます。南西のリビングは、母親中心の家庭になりやすく、グリーン系や土をイメージさせる明るめの茶色を合わせる色使いがと良いされます。西のリビングは、お金に困らない家になるとされ、黄色のカーテンでより金運がアップします。北西のリビングには、高級感のある重厚な家具を置くと吉とされます。

④家族のために風水改善

窓を開けると部屋に風が入ってくるのと同様に、運気も風と共に窓や出入口から入って部屋の中を巡り次の部屋へと流れて行きます。心地良い風に当たれるリビングは吉相です。風や運気の流れで導かれる心地良さが風水に適っている目安になります。何か違和感を感じたり、不運が目につき出したら、風水の手法を用いて、リビングを快適な空間に変えてみてください。またテレビとソファーは重要なアイテムなので、購入の際は、リビングに見合ったものを選びましょう。リビングをインテリアや掃除などで改善すれば、家庭運、社交運、全体運が上がり、家族全員が笑顔で満たされるはずです。しかし、風水は万能ではありません。土地の磁場や環境、住む人の状態も異なるので、一般的な手法で、全てがうまく行くとは言えないのです。それぞれの家庭に相応しい、やり方というものもあります。色やアイテムは、風水の知恵通りでも、自分の感覚を研ぎ澄まし、最も落ち着く位置などを見つけてみてください。大切な家族のことを考えるのでしたら、まずリビングの風水改善をお勧めします。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)