場所別風水・四方を高いビルに囲まれている土地

場所別風水・四方を高いビルに囲まれている土地

①運気の流れを遮蔽

四方をビルで囲まれている家や土地は、そうやたらにあるものではなさそうです。容積率の関係上たいていの場合、広い通りが目の前にあり両隣と後方の三方を囲まれることが多いからです。狭い通りだと高いビルは建てられず、土地の用途規制から見ても、四方を囲むのは難しいと言えます。しかし、都市部の入り組んだ土地利用にあってはありえます。特に都市開発で取り残された所に多いようです。運気の流れがほぼシャットアウトされている上に、四方の上部から悪い運気が吹き降りてくることになります。まず購入することはないでしょうが、もともと住んでいたり、アパートなどを借りて住むことはあるはずです。それではこの四方を高いビルに囲まれている家や土地の風水について探って行きたいと思います。

②風水環境上、劣悪となる

四方を囲まれていると日差しはほぼ入らないため、ジメジメと湿気が溜まりやすくなります。陰の運気は湿気を好みますので、まさにその温床となってしまいます。どちらの窓を開けても、目の前に見上げるような高いビルがあると、圧迫感や息苦しさを感じるはずです。そこから、精神的にも影響を及ぼし、健康運を低迷させます。体調の不調は対人関係の不和にもつながると言われています。そしてビル風と共に訪れる悪い運気は、逃げ道がないので、どんどん蓄積していきます。高ければ高いほど、狭ければ狭いほど悪い影響が大きくなるのは、両隣に高いビルがある場合と同じです。また、四方の高い建物がそこに住む家主や家族の発展運を封じ込めることもあります。

③裏技もある対策

アパートなら借りないことや、転居した方が良いに決まっていますが、そうでない場合は様々な対策をして住みよくするしかありません。四方の窓のうち、どれか一つでも日が差す時間帯があるか調べ、あったら、その時間帯にカーテンなどを開け、窓から日の光を取り込め、陽の運気が家に入ってきます。全くない場合もあるでしょうが、その時はカーテンなどは終日閉めて陰の運気が入らないようにします。また暗い部屋は、照明で煌々と照らすことで、疑似的ではありますが、陽の運気に近いものが生まれます。これが多少なりとも運気を改善してくれるはずです。水晶や鏡を置いて、邪気を浄化したり跳ね除けることもできますが、四方を囲まれているため、限定的な効果しか期待できないようです。さらに特例としては、周囲のビル屋上に集光器を設置し、そこから光ファイバーで陽光を引き入れることもあります。そうすることで陽の運気を取り込む裏技もなくはありません。

④考え方一つで変わる

人は住んでいる場所の影響を物理的にも風水的にも強く受けてしまう生き物です。住環境には、いろいろと留意が必要ですが、できることには限界があります。あまりに不利な場合は、手放すことも対策の一つです。賃貸なら簡単なことですが、家や土地を所有している場合、そう簡単ではないでしょう。しかし、ポジティブに考えると、四方を高いビルに囲まれている場合、それと同じものが自分の敷地でも建てられるはずです。それでもうちは狭いからビルは無理となるかもしれませんが、周囲のビルを巻き込んだ再開発の道はあります。やはりここでも都市部の土地は資産となるわけです。自分が住まず駐車場にする手もあります。タワーパーキングですと、施設建設費用は掛かりますがビル程にはならず、収益も期待できるので良いかもしれません。住まなければ、風水上の悪影響は全くありません。四方を高いビルに囲まれている家や土地は、考え方一つで道が開ける場所と言えます。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)