風水からみた2017年の吉方位

風水からみた2017年の吉方位

風水では方位を大切にします。特に住宅の間取りなどではそれぞれの方位に即した部屋を配置することで開運を呼び寄せます。さらに、風水では各年度によってその年のラッキーカラーや方位も決められています。ここでは、風水を用いて割り出した2017年の吉方位をご紹介いたします。

2017年の吉方位とは

九星気学では、9つの星の配置によって人の運命を判断します。この九星気学では、2017年は一白水星が中央に位置するとされています。そして一白水星が中央に位置する年は、吉方位は西とされています。そのため、2017年の吉方位については西といえるでしょう。特に2017年は干支が酉となっています。酉が入る方角は西となっていますので、2017年にとっては西の方角は大吉方位であるといえるでしょう。2017年には西の方位を大切にして過ごしましょう。

引っ越しや旅行は西の方位へ

2017年の吉方位は西になっています。これは1年間を通して西に強いエネルギーやパワーがあるということです。そのため、引っ越しや旅行などをする際には西の方位を目指していくと、良い気を得ることができるといえるでしょう。西の方位でなにかことを行うことで、方位のもつパワーを得ることができ、幸運に恵まれやすくなります。

吉方位への旅行とは

吉方位へ旅行をするときの定義などはあるのでしょうか。一般的にいわれていることとしては、吉方位への旅行は100キロメートル以上の距離の場所に移動すること、と考えられています。そのため、近距離すぎては開運の効果があまり期待できないでしょう。また、泊数については3泊4日程度を考えておくのがよいといわれています。もし、旅行の日数をもっと延ばすことができるのであれば延ばした分だけ開運がやってくると考えてよいでしょう。同様に、距離が遠いほど開運効果が期待できます。

西以外の吉方位

では、2017年には西の方位以外にも吉方位はあるのでしょうか。西以外の吉方位としては天道という吉神が回座する東南と北西の方位をあげることができます。総じて2017年は西、東南、北西の方位が縁起がよいといえるでしょう。2017年になにかことを起こそうと考えている人は自宅からみて、西、あるいは東南、北西の方位に向かって移動するとよいでしょう。

2017年の凶方位とは

では、逆に2017年に向かうと悪い気を得る可能性のある凶方位はどの方位でしょうか。2017年の凶方位としては、南・北・東といわれています。特に南は九星気学の凶方位の中でも最も強い凶の作用をもっているとされている五黄穀の方位になります。そのため、特に南の方位は注意した方がよいでしょう。また、北の方位についても暗剣殺と呼ばれており、強い凶作用をもたらしますので、南と同様に避けたほうがよいでしょう。凶の方位へ赴くことで、思ってもみなかった災厄に見舞われてしまう可能性があります。どうしても南や北や東の方位へ出かけなくてはならない場合には、まず一旦別の方位で移動し、その場所から再度目的の場所まで向かうという方法があります。凶方位でなにかするときには、常に危険を意識しながら十分注意して行動するよう心がけましょう。

風水  風水