玄関に花を飾って風水で開運を招こう

玄関に花を飾って風水で開運を招こう

家の中に花が飾ってある生活は多くの人にとっての憧れなのではないでしょうか。玄関に花を飾った方がよいという言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。風水ではどのように花を飾るのか、ご紹介します。

花は万能アイテム

花は存在自体が華やかな姿であり、よい香りを発してくれます。そのため、視覚と聴覚に対して二重の効果が期待でき、開運アイテムとしては万能選手といわれています。しかし、この場合の花とは生花を指していますので注意してください。造花では期待した効果は得られないでしょう。ブリザーブドフラワーであっても生花ほどの効果は見込めないと考えられています。また、ドライフラワーは逆に運気を下げてしまうこともありますので、避けた方が無難です。

玄関に花を飾る

基本的に花はどの部屋に飾っても開運のパワーを得ることが可能です。その中でも特に玄関に花が飾ってあると家の中によい気が入ってくるといわれていますので、おすすめです。玄関に花を飾る場合には、自分の好みの花を飾ればいいのですが、迷ったときには季節の花を飾ることもおすすめです。

花を飾るときの注意点

せっかく花を飾っても手入れがされていなければ、かえって悪い気を呼び寄せてしまうことがあります。花瓶の水は面倒に感じるかもしれませんが、毎日入れ替えましょう。また、枯れた花びらや葉はこまめに取り除くようにしましょう。花の手入れは、発展の気の溢れている朝に行うことがベストといわれています。

花器の選び方

花はただ置けばいいというものではありません。花を置く場所は清潔な環境でなくてはいけません。散らかっていたり汚い環境であると、花のもっているパワーが十分に発揮されない恐れがあるからです。掃除と整理整頓がされた場所にきれいにかざることで開運効果が発揮されます。花の置いてある場所もしっかりと掃除して拭き清めるとよいでしょう。そして花瓶ですが、陶器やガラス製のものがおすすめです。鉢植えには素焼きやテラコッタのものが相性が良いでしょう。プラスチック製のものであると運気ダウンの可能性がありますので注意しましょう。

方角にあった花を選ぶ

方角によって相性のよい花、悪い花といったものがあります。飾るときの参考になるようにご紹介します。北東の方角では小ぶりの黄色の花がおすすめです。オレンジじゅーむなどがよいでしょう。北の方角には一輪で飾れる白い花がおすすめです。カラーやカサブランカがよいでしょう。北西の方角には小ぶりの青い花がおすすめです。ブルースターなどがあります。東の方角には小ぶりで親しみやすい花がよく、代表的なものにはフリージアがあります。中央に置く場合には香りのよい花がよく、ラベンダーがおすすめです。西の方角には黄色の大輪がよく、ひまわりがおすすめです。この場合には金運のアップを見込むことができるでしょう。南東の方角には茎の長いオレンジ色の花がおすすめです。代表的な花にはガーベラがあります。南の方角には赤い花がよいでしょう。特におすすめなのがバラです。南西の方角にはピンクのフリルのような花がよいとされています。スイートピーなどが代表的です。この場合は、恋愛運のアップにも効果的といわれています。

風水  風水