風水の基本 気って何

風水の基本 気って何

風水の基本単語

○「気」について

風水の考え方を理解するには、まず「気」という概念を理解する必要があります。それは、ひと言でいうなら、大地に充満するエネルギーのようなものと表現してもよいかもしれません。

私たちのまわりには目に見えない、強力なエネルギーの流れがあまねく存在しています。その中にはよいエネルギーもあれば、悪いエネルギーもあります。

そして重要なのは、「気」は感応しあうという点です。つまり、エネルギーの流れとともに、調和か不和、健康か病気、繁栄か貧困のいずれかがもたらされるのです。

古代中国では、地球をめぐり、さまざまな場所で噴出している「気」というエネルギーをいかに上手に扱うかが研究されていました。そして、”大地の気は風に吹かれると散ってしまうが、水によって蓄えられる”ことを知り、このエネルギーを効率的に留める方法が考え出されました。これが”風水”です。要するに、風水とは大地の気の流れを読んで、いかに暮らしやすい環境を整えるかという技術なのです。

風水術においては、幸運をもたらすエネルギー、すなわち「生気(せいき)」を活かすことが重要です。生気は曲がりくねりながらのびていきます。

○「陰陽」について
風水には基本となっているいくつかの思想がありますが、そのひとつが「陰陽説」です。
「陰陽説」とは、この世界のすべてを陽(プラス・能動的・前進・積徹的)と陰(マイナス・受動的・後退・消極的)の二元論によって説明してしまおうとする考え方です。
これは宇宙に陰陽が生まれる前に根源としての太極があり、太極から陰と陽という二つの力が生まれたという世界のはじまりに由来しています。
陰は女性原理、陽は男性原理を表し、静と動、暗と明、冷と熱…といった二つの対立する性質を万物のなかに見ることができるのです。

上の太極図が、この陰陽を象徴的に表しています。下に向かう黒い部分が陰、上に向かう白い部分が陽で、陰が強くなればやがて陽に、陽が強くなればやがて陰になることをあらわし、陰と陽には移りかわりがあることを示します。

これは、夜から昼へ、冬から夏へというような移りかわりに置きかえればわかりやすいでしょう。時の移りかわりは、陰と陽の移りかわりで起こると考えるわけです。
また、陰や陽がいちばん多くなっている部分の目玉のようなものは、陰の中の陽、陽の中の陰をあらわし、いくら強くなっても完全な陰や完全な陽がないことを示すものです。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)