オレンジの財布で運気の上がる風水術

オレンジの財布で運気の上がる風水術

財布は一度買うとなかなか買い替えるタイミングが難しいと思います。なかなか買い替え時が分からなくても「あ、今変えたいかも」と突然財布を探してしまう時期は誰でもあると思います。その時に皆様は財布をどのように選んでいますでしょうか。色は何色を選んでいますでしょうか。実は普段当たり前のように使っている財布の形や色はわたしたちの金運にとって、とても重要な役割を果たしているのです。選ぶ際におざなりにしてしまうとなかなかお金が貯まらない財布になってしまうことがあります。今回はそうならないためにも、様々な色の中でも「オレンジ」に注目してご紹介していきたいと思います。

財布の形

まずは財布の形からですが、よく「長財布」か「折財布」どちらがいいのかと悩まれると思います。そのときに基本的に自分が使いやすい方を選ぶ方がストレスなく使うことができるので一番良いのですが、個人的趣向を抜きにするとしたら「長財布」が良いです。理由はお札は折り曲げない方がお金のエネルギーをしっかり自分が受け取ることができるからです。さらにお札をしまう方向はお札の頭を下向きに入れてあげましょう。そうするとお金の気が抜けにくくなります。どんなに財布を良くしてもこの基本がしっかりしていなければ「良い財布」にはならないので注意が必要です。

オレンジについて

オレンジとは「活発さ」や「元気」を象徴する色で気を受け取れる色でもあります。財布において黄色や金色の財布よりもオレンジは自然に幸福を呼び寄せてくれる色です。そのためオレンジが合う人にとっては黄色や金色の財布を持つよりも金運アップの効果があります。オレンジは黄色と朱色の真ん中のバランスの取れた色でもあるので安定した金運アップが望める色なのです。オレンジが合うかどうかは財布を持った時の身体の感覚を感じてみてください。自分に合うものは不思議と力が入りますし、合わないものは力が抜けます。一度オレンジの財布を自分の身体に合わせてみてください。

お金を渡す時

お金にも裏表がちゃんとあります。もちろんお札だけではなく小銭にも裏表があります。お札なら財布の形でご説明した通り、頭が下に向くように入れるのが正しい入れ方です。小銭の場合は100円玉ならば桜の柄が表になります。人に渡す時などはこの絵柄がちゃんと上にくるようにして渡しましょう。その方がお金のエネルギーをきちんと扱うことが出来る金運をコントロールすることができます。金運を上げるためにはお金ともしっかり付き合うことも重要になります。

まとめ

お財布は財布そのものの運気とお金自体の運気を両方整えることが重要です。まずは財布をオレンジにするのならばその財布が自分に合う色なのかどうかを確認してください。確認する方法はそのオレンジ色の財布を持った時に自分に力が入る感覚があるかないかで確認することができます。オレンジを持っているとなんだか気分が上がるとかでも大丈夫です。自分の中で前向きな気持ちがわき上がるかどうかが重要です。財布の色を決めたら次は財布の中のお金の入れ方や扱い方に注意して下さい。このように自分のエネルギーが上がる財布と財布の中身を整えることで運気は安定してきますし、向上していきます。お財布はお金にとって重要な寝床となる場所なのでお金の入りやすい状態をつくってあげましょう。

風水  風水