風水師の存在とは?

風水師の存在とは?

風水とは、古代中国の思想に基づいて用いられ、「気」の流れを物の位置などで制御するものです。

風水師は、地形・地理・気象・風土などに精通している者であり、王朝の都の選定も風水師の役割だったといわれています。

王朝の栄枯盛衰には風水師が関わって来たというわけです。

そんな風水も時代の流れの中で、様々な国へと伝わり、色々な形へと変化しています。

ここでは、そんな風水師についてまとめてみたいと思います。

世界中の風水師

日本において広まる風水の多くは、古代中国の風水をアレンジしたもので、家相術や九星気楽など、様々なものが存在します。

そのため、風水師の流派や見解もそれぞれに異なり、初めて風水を生活に取り入れる人は混乱を引き起こすこともあるでしょう。

そんな中でも、「陰陽説」や「五行説」を取り入れる風水師は多く、古代中国の風水的理論の一部を用いた風水学は、日本において発展しています。

また、風水は東アジアだけでなく、欧米などでも普及していることから、世界には更に多くの風水師が存在するということがわかります。

最近では、風水師として活躍することを目指す人も多くなり、様々な風水講座など、風水を学ぶ場が多くなってきています。

とはいえ、人の人生を左右する家づくりなどに関するアドバイスは、そう簡単にできるようになるわけではないでしょう。

それでも、風水を生活や職場に取り入れ、運気をアップさせようと考える動きは相乗効果を引き起こすはずです。

風水師が伝えること

世界最高位の風水師とされる風水グランドマスターは、教育番組への出演や、大学での講師、そして有名ホテルの顧問風水師として活躍しています。

世界レベルの社長や、経営者の方々、弁護士や投資家の人たちもまた、風水グランドマスターの講座を受講しているのです。

これらのことからも、風水が人や、会社や社会の運気に大きな影響を与えるものであるということが分かります。

日本にも人気の風水師がいます。

古代中国の風水を日本人に馴染みやすく、そして生活に取り入れやすいものとして広めているのです。

彼らの多くは運気アップの例として、風水グッズを販売しています。

そして、風水を取り入れようと考える人たちのお手本となる暮らしをしており、また、それを紹介しています。

私たちは、このように数ある選択肢の中から、自分に合った風水師を選ぶことができます。

そして、書店や図書館に並ぶ中から図書を選び、風水について自由に学ぶことができるわけです。

世界中の風水師に共通しているもの

世界には数多くの風水師が存在しますが、全ての風水師に共通するものは、「幸福の提案」ではないかと思えます。

それは環境を整え、暮らしや行動、身なりを整えることと密接につながるものであり、そのヒントを教えてくれるものです。

そして、世界中でこれほどまでに風水が広まり、風水師の存在が大きなものとなっているのは、風水の力を信じる人が多いということの証でもあります。

まとめ

これらのことから、私たちは無意識にも、風水と関わって生活しているということに気付きます。

そして、風水師が人に与える影響は大きいといえます。

そのため、自分で見極めた風水師を選ぶことが、その力を信じることにつながり、結果的に運気をアップさせることにつながるということが分かります。

風水  風水