風水で仕事運を上げるには?

風水で仕事運を上げるには?

仕事をするためには「実力」や「体力」が必要とされますが、一番大切なのは「気力」です。

「気力」があれば仕事で困難な状況にあっても、それを乗り越えることができます。

そして「気力」があれば、自然と仕事の能率も上がり、目標を達成させることにつながるのです。

「気力」は、風水によって「気」の流れを変えることで上昇させることができます。

ここでは、気力と風水の関係について、そして風水で仕事運を上げる環境・風水で仕事運を上げるための習慣についてまとめていきたいと思います。

気力と風水の関係について

気力には「やる気」・「根気」・「覇気(はき)」などがあります。

仕事をしていく上で、この三つの「気力」はとても重要になってきます。

この「気力」がなくなっている場合においては、仕事力を低下させてしまうのです。

「同気合い求む」という言葉がありますが、この言葉の意味は「同じ気を持つもの同士は引かれ合う」となっています。

つまり、良くも悪くも、自分の「気」に合った仕事がやってくるということになります。

だからこそ、仕事運を上げるためには、良い「気」を持つことが重要なのです。

仕事運の良し悪しは、自分が発している「気」がどのようなものであるかの証でもあるのです。

風水で仕事運を上げる環境

仕事運を上げるためには、職場環境も重要です。

職場には、自分だけでははく、一緒に働く様々な人の「気」が流れています。

ですから、自分の身の回りから環境を整え、可能な限り、オフィス全体にも目を配ります。

オフィスの入り口に不要な物が無いか、観葉植物の手入れは行き届いているかなど、差し障りのないことは自分で行動し整えていきましょう。

自分の身の回りでは「机の上」・「机の中」・「ロッカーの中」などをチェックします。

「気」が停滞することなく、流れやすい状態であるかどうかがポイントになります。

また、仕事で成功している人は、その人が過ごす家においても、良い「気」で満たされています。

風水的に良い「気」が好む環境で生活をしていることが、心にも体にも良い影響を与え、自然と良い「気」を放っているため、仕事面においても良いことが起こるようになるのです。

風水で仕事運を上げるための習慣

仕事運を上げる習慣として、「気持ちの切り替え」があります。

仕事で失敗をしてしまったとき、なかなか気持ちが切り替えられないことがありますが、いつまでも深く思い悩むのは良くありません。

こんな時こそ、風水を活用してみましょう。

窓を開けて空気の入れ替えをする・職場や家の大掃除をする・お香を焚くなどして空間を浄化します。

この方法は、仕事で失敗をしてしまったときに限らず、気持ちを入れ替えたいときなどにオススメです。この他にはパワースポットに足を運ぶという方法もあります。

といっても遠くまで旅行する必要はなく、近くに川・山・海・湖などがあれば足を運び、大地や自然の「気」を貰います。

「気」を充電させるためには、緑の多い場所が一番です。

神社の境内にも清浄な「気」が流れているといわれています。

大きな木がある場所が理想的です。

大きな木には偉大なパワーが宿っているため、仕事の疲れや精神的な悩みを癒してくれることでしょう。

まとめ

このように、仕事と「気」の状態は、切っても切り離せないものであるということが分かります。

空間を漂う「気」が、私たちの気持ちに影響を与え、そして仕事運にも影響を与えるのです。

風水  風水