風水とお金の関係について

風水とお金の関係について

風水の目的の一つとして「金運をアップさせる」ことがあります。

風水では、お金を家に引き寄せるポイントがあります。

そして、誰もが金銭面での豊かさを生み出す運気を持っているのです。

お金に好かれるようになるためには、お金との関係を見直す必要があります。

ここでは、金運をアップさせるのはどのような人なのか、そして金運をアップさせる習慣にはどのようなものがあるのかなどについてまとめていきたいと思います。

金運をアップさせるポイント

金運をアップさせるためには、「水の気」が必要です。

風水の理論として「財運を良くするには水に寄れ」というものがあるように、美しい河川に囲まれている地域や、海に囲まれている地域、湖が近くにある地域などは、風水的に見て「財運」に恵まれる土地となっています。

例えば、アメリカフロリダ半島のマイアミや、南フランスのニース、そしてハワイなどがあります。

このように、高級リゾート地となっているところが多くなっているのです。

そして、世界中のセレブや大スター、権力者たちが豪華な別荘を持っているといったように、水辺にはお金持ちが集まってくるのです。

ですが、水の流れは風水において特に注意するポイントでもあります。

だからこそ、家の水周りに注意すると運気が変わるのです。

それほど、水はお金の流れに関係が深いものであるということがわかります。

汚れているなど不潔な水周りは、運気を下げる強い力が働きます。

「バスルーム」の排水口周りの汚れを取ることで、金運が良好になります。

「トイレ」も金運と関わりの深い場所なので、清潔に保つことが大切です。

そして、自分の好きな風景の写真を飾ると、「陽の気」が増します。

盛り塩の交換もこまめに行いたい場所です。

古い言葉に「気は風に運ばれ、水のあるところに留まる」というものがあります。

この言葉から「風水」という言葉が生まれたといわれています。

このことからも、豊かな大地の「気」を水によってとどめることが金運アップにつながるということがわかります。

金運をアップさせるのはどのような人?

お金を大切に扱う人

お金に対して肯定的な人・豊かな心を持っている人のもとに良い「気」が流れます。

また、他人にお金を使うことができる人は、程よくお金を循環させることができるため、次第に良い「気」が流れ込むようになります。

お金の置き場所や家の環境を整えている人は、空間が良い「気」で満たされているため、自ら良い「気」を放っています。

従って、金運も喜んでやってくるのです。

謙虚な気持ちを持つ人

たとえお金に恵まれていても、天狗にならず謙虚な気持ちを持つ人はお金の「気」を呼び集めることができるため財運を得ることができます。

お金との関係を良好にする、それはすなわち「お金とコミュニケーションをとる」ことです。

お金との関係が良好な人ほど、財運に恵まれていると考えることができます。

まとめ

このようなことから、お金に恵まれやすい人と、そうでない人の違いがわかります。

そして、風水において大切なことは、環境を整えることであり、心を整えることでもあるのだと感じます。

お金との関係もその一つです。

ですから、金運を上げるために気をつけるべきことを知ることが、金運アップの第一歩だといえます。

風水  風水