風水を使ったお金を貯めやすくする方法

風水を使ったお金を貯めやすくする方法

西に黄色いものを置く

金運は西の方角から伝わってきます。そして、黄色は金運を上昇させる色とされています。そのため、風水では黄色い物を西の方角に置くだけで金運が上がるとされています。基本的に黄色い物であれば何でも構いません。しかし、ベースは別の色で少し黄色が含まれているという物では効果はないとされています。全体の70%以上の割合で黄色い物を選択するようにしましょう。また、西に窓がある場合、黄色いカーテンを使うことで部屋に金運が訪れるようになります。

トイレのふたを必ず閉める

風水において、トイレや浴室・キッチンといった水回りの場所は凶を呼ぶ場所とされています。特にトイレは特に凶を呼び寄せるとされています。トイレはどの運勢にも悪影響を及ぼすと言われており、金運も例外ではありません。そのため凶の発生場所でもあるトイレのふたは必ず閉めるようにしましょう。これで凶の発生を抑えることができると言われているからです。実は世界のどの大金持ちも共通して、トイレのふたは閉じているとされています。

北枕で睡眠を取る

一般的に北枕は縁起が悪いとされています。しかし、風水では北枕にすることで金運を呼ぶことができるとされています。また、地球の磁力線は南から北へ向かって流れています。北方向に頭を向けて眠ると磁力線の流れに沿って気の流れがスムーズになるという理由も提唱されています。一見、金運には関係がないように思えますが、金運を良くするためには健康運は必要不可欠です。なぜなら、健康でないと100%の力を発揮することができないからです。金運を良くするためにもしっかりと睡眠を取って、健康状態を良くしましょう。

財布は寝室の北側に保管する

財布は金運と深い関係を持つとされています。理由として財布はお金を貯蔵する元物とされているからです。そして財布を北側に置くことによってお金を効果的に貯めることができるとされています。これには理由があります。お金は人間と同様に眠ることがあるとされています。上記の北枕と同様に北側に置くことによってお金も気持ちよく眠ることができるとされています。また、ただ北側に置くだけでは効果的ではありません。より効果的にするためにお金は暗い場所で保管するようにしましょう。これは「お金は暗い場所で増える」とされているからです。財布を保管する場所に良いとされている場所はクローゼットやチェストの引き出しが良いとされています。また小物入れの箱でも良いとされています。少なくても太陽の光や蛍光灯の光が直線当たる場所で保存することは避けましょう。

下駄箱は玄関の左側に置く

玄関に下駄箱は必ずと言っていいほど置かれています。また、風水においても靴の出しっ放しは運気を低下させると言われています。そのため、玄関に下駄箱がなく、靴が出しっ放しという人は下駄箱を購入することをお勧めします。そして下駄箱は家の中から見て左側に置くと良いとされています。右側に下駄箱がある場合、現状以上の財運と金運の向上は見込めないとされています。また、右側に置かれた下駄箱が大きければ大きいほど、より大きな出費が重なるとされています。よって下駄箱は玄関から見て左側に置くようにしましょう。

風水  風水