風水で疲労回復するための色と意味

風水で疲労回復するための色と意味

落ち込んだ時にどうやって元気を充電すればいいのか分からない、疲れ果ててしまったけれどどうやって回復すればいいかわからないそんな時、どのような対処法を行っていますか。落ち込んだ時や疲れてしまったと時に、気分を上げてくれる風水の色をご紹介します。

緑は「安心」「平和」「癒し」などの意味があります。心身の疲れを取り、癒してくれる緑は、心身共に疲れてしまった人や気分をおちつかせたい人にはおすすめです。緑にはリラクゼーション効果がありその代表的な例は学校の黒板の色です。なので学校の黒板の色は長時間見ていても目が疲労しないように緑になっているのです。人は寝るときに気を充電する様になっているので、寝室に緑を取り入れると寝ている間にリラクゼーション効果を受けることができます。雑貨屋や家具に緑を取り入れてもいいのですが、より効果を発揮するのは観葉植物を設置すると空気も良くなるのでより一層おすすめです。

青は「クール」「静けさ」「爽快」などの意味があります。青は海の色なので、気分が落ち込んだ時に色々考えてしまう人を冷静な状態に戻してくれる色です。青には自律神経の中の副交感神経に働きかける色なので、気分をリラックスさせてくれます。ビジネスのシーンでは「冷静さ」を相手に印象づける色といわれています。「良い情報を引き寄せる」とも言われているので、落ち込んでしまっても次に繋がる状態を運んできてくれます。

紫は「高貴」「安穏」「神秘的」などの意味があります。昔から紫は高貴な色であり、位の高い者しか身に着けることのできない色でした紫は心身のダメージを回復し、癒してくれる効果があります。更に免疫力の向上や不眠改善という効果もあるので、心身共に疲れきってしまったに特におすすめです。紫の中でもラベンダーを身に着けていると、自分だけではなくその紫を見ている周囲の人も癒すことができます。

茶色

茶色は「安定」「穏やか」「落ち着いた」などの意味があります。土などの自然や、猫などの動物の色なので、気分が落ち着いたり優しい気持ちを引き出してくれます。心身共に穏やかな状態を作り出してくれる色なので「幸福感」を得ることができます。なので、寂しがりやの人や独りでは抱えきれない悩みを持っている人は、部屋に茶色を取り入れてください。守られている感覚やぬくもりを感じるので不安を緩和してくれます。布団や毛布に取り入れると高級感もあり更に良いでしょう。

シルバー

シルバーは「繊細」「上品」「高級」などの意味があります。シルバーには、心身をくつろがせて、あらゆる刺激から身を守ってくれる効果があります。繊細な心を持っている人はシルバーを身につけると安定した生活を送ることができます。更に、感情が高ぶった時に抑えてくれる効果もあるので、落ち着きを取り戻すことのできる色です。嫌なことへの断捨離効果もあるので、気分を心機一転させてくれる効果もあります。

まとめ

心身の疲れを取り、癒しを求めている人は「緑」や「紫」を選びましょう。周囲の人を同時に癒すこともできます。気分が落ち込んでしまったときに、気分を落ち着かせたい人は「青」や「シルバー」を活用しましょう。「シルバー」は断捨離効果もあるので、心機一転したい時に頼ると良いでしょう。ひとりで寂しくなってしまった時には「茶色」を活用して心を癒して上げましょう。部屋の中にちょっとでも風水の色を活用したものを取り入れるだけで心の安定感も変わってきます。自分を癒すことは生きていくうえで、とても重要なことです。ひとりで頑張りすぎず、風水にも頼りながら自分を癒してあげましょう。

風水  風水