風水から見る緑色の財布の効果

風水から見る緑色の財布の効果

皆様がいまお持ちの財布はどのような種類のどのような色のものをお持ちですか。さらに財布を購入する際に気をつけていることなどはございますか。いつも必ずカバンの中にあり、携帯と同じくらいの頻度で使用する財布を普段どのように扱っていますでしょうか。財布は生活するのにお金を入れるために使います。なのでどこかいる際には持ち物の中には必須になります。実はこの必須の持ち物である財布こそがあなたの金運を左右するキーワードになるのです。もちろん財布をおざなりに扱う方は金運は寄ってきません。では財布を扱う際の正解はなんなのか、と気になりますよね。今回は正しい財布の扱い方と、「緑色の財布」の金運効果についてご紹介したいと思います。

財布の常識とは

まず財布のきちんとした扱い方からご紹介したいとおもいます。まず財布の形は「長財布」を使うようにしましょう。理由は簡単です。お札は折って財布の中にしまうと金運が下がってしまうからです。よくなんとなく長財布のが良いと小耳に挟んだことがあると思いますが、あれは迷信ではありません。お札はピンと伸ばした状態で、絵柄の頭を下に向けてしまってあげることによりより良いお金の状態を保つことができます。絵柄の頭を上に向けてしまってしまうと、お金がお財布の外に出ていってしまうので要注意です。小銭も同様に正しい向きがあります。小銭はしまう時にどちら向きというわけではなく、相手に渡す時が重要です。百円玉ならば花柄がおもて面になるので、相手に渡すときはそちら側をおもてにして渡しましょう。こうしてしっかりとお金を正しく扱うことにより、お金のエネルギーをしっかりと受け止めることができるので運気も向上します。

緑色の意味

緑色は「安心」「癒し」「平和」などの調和的な意味があります。緑は癒しの色であり、データ的にも疲れている人ほど緑を選ぶ傾向があるといわれています。緑は身体共に癒しの効果があり、「色の名医」と呼ばれています。普段の仕事でパソコン業務などをやっている人は緑を使うと良いでしょう。心への影響はイライラしたり心が落ち着かない場合に使ってください。悪い気持ちを浄化してくれる作用があるので積極的に普段の色に組み込んでみることをおすすめします。

財布としての緑色の意味

緑色の財布はあまり男性の方は売り場で見かけないと思います。女性でも同様に滅多にないとは思うのですが、百貨店などでたまに売られているのを見かけます。緑色がご自身のラッキカラーになっている方もいると思うので、どうしても財布を緑色にしたい、という方がいると思います。緑色は色だけの意味でいうと身体共に癒しを与えてくれる素敵な色です。財布としては、金色や黄色のように劇的に金運向上効果があるわけではありません。どちらかといえば浪費防止や、使ってしまったお金を戻ってくるようにするエネルギーを持っています。コツコツと地味にお金の消費を防ぐことの出来る財布です。緑色は心への癒しを与えてくれるので、イライラしてお金を浪費してしまうということを癒しで防いでくれます。さらに健康にも良い色なので、身体の疲れやストレスを取り除いてくれる効果があります。

まとめ

緑色の財布は「金運向上効果」よりも「お金の浪費を防ぐ効果」がある財布です。お財布で金運向上効果を求めているのならば、金色か黄色がおすすめですが、自分のパーソナルカラーやラッキカラーが緑の方は緑色を財布にしてもいいかもしれません。もしくは金運ではなく、健康運や精神面の安定性を財布から得たい方は、緑色の財布が特におすすめです。金運は、お金のホテルである財布のちゃんとした扱い方と財布の色と状態で決まります。しっかりとした使い方をし、自分に合う色のものを使って運気をバランス良く上げていきましょう。

風水  風水