風水からみる部屋にあると良いインテリアの色とは

風水からみる部屋にあると良いインテリアの色とは

ご自宅の自分の部屋に一番多く使われている色は何色でしょうか。普段何気なく買っているものや、身に着けているものはよくよく見てみると同じ色が多かったりしませんか。普段私たちが何気なく選んでいる色にも風水から見ると必ず意味があります。そして、その意味に加えて私たちに与えてくれる運気やエネルギーも変わってきます。今回は意識して自分の欲しい運気やエネルギーを手に入れるために色が持つ風水的意味と効果をご紹介したいと思います。

青の意味

青は「信頼」「クール」「爽快」などの意味があります。気分を落ち着かせたい時や冷静を保ちたい時によく選ばれる色です。普段何気なく青を手に取る人たちは冷静でクールでいたい方が多いのではないでしょうか。暖色とは正反対の青はパワフルなエネルギーではなく、静かに自分と対話できる力を持っています。そのため冷静に判断することのできる力を養えるので「仕事運」の向上に繋がります。ちなみに仕事において青色は吉報を届けてくれるといわれているので仕事のできる人は青を好むと言われています。

紫の意味

紫は「気品」「神秘的」「高貴」などの気高い意味があります。平安時代のように昔の日本では上位の人しか紫を着用することができませんでした。そんな高貴な色の紫には精神的ストレスから解放してくれたり、リラックスを促進してくれる効果があります。上げてくれる運気は妖婉さから「女性運」を高めてくれます。この女性運はピンクなどの恋愛運とは少し違い、大人びた自分を引き出してくれるという意味になります。

茶色の意味

茶色は「落ち着いた」「堅実な」「穏やかな」などの包み込んでくれる優しい意味があります。この茶色には運気向上というよりも、浪費などの無駄遣いを抑えてくれる効果があります。これから貯金や貯蓄を始めようとしている方や、なかなかお金が貯まらない方は是非部屋の中に茶色を入れてみてください。さらに茶色には「今のままで幸せ」という意味があるので幸福感も高めてくれます。一人でいるのが苦手な方やなんだか心がふらふらしがちな方は茶色に頼ってみてください。部屋の壁の色でも良いですし、布団やカーペットなどに使うと暖かみが増すのでおすすめです。

黒の意味

黒には「高級感」「不動」「不屈の闘志」などの決意を固めることのできる意味が含まれています。黒は自分の気持ちを隠すのには最適な色とされているため、自分の気持ちを悟られたくない人は黒を好んで身につける傾向があります。黒は勝負運に長けていて、不屈の精神を養ってくれます。赤の時とは違う「勝負運」の意味であり、「やり抜く」「やり遂げる」という意味合いが強いです。自分を確立させたい人にはもってこいの色になっております。

まとめ

今回ご紹介した「青」「紫」「茶色」「黒」は部屋にいれるとしたら、一面には追加しない方が良いでしょう。部屋全体をこの色にしてしまうと、なかなか前向きなエネルギーを吸収することが出来なくなってしまうのでポイントポイントに入れることをおすすめします。「青」は「仕事運」向上です。さらに心をクールダウンしてくれる効果もあるので、辛いことがあって立ち直れない人は暖色で元気を無理に出そうとはせず一度青を使って心を落ち着かせてみてください。「紫」は気高い「女性運」を向上させてくれます。妖艶な女性らしさを向上させたい方は紫を部屋に追加してください。「茶色」は「安定した幸福感」や「温かさ」を得られる色です。傷心した心を前向きにする経過として茶色は最適な色です。さらに布団などの寝具に茶色を入れてあげると、心が穏やかになって良い眠りにつくことができます。「黒」は「勝負運」を向上させてくれます。この勝負運は赤などの必勝とは違って、自分の中で「やり抜く」という意思を強めてくれる効果があります。このように普段あまり明るい場面で使われない寒色たちにもしっかりと前向きな意味がたくさんあります。寒色にしかない良いエネルギーを活用して、ご自身の運気もしっかり上げていきましょう。

風水  風水