風水的に金運を上げる財布の色合い

風水的に金運を上げる財布の色合い

金運の向上に直接関係する黄色・金色

黄色と金色は金運に直接関係する色とされています。色合いからお金に関係するというイメージがあると思います。金運をアップさせる色として黄色と金色は効果があります。しかし、注意する点も存在します。それは財布にお金が入りやすいと同時に出て行きやすくさせてしまう色でもあるからです。「黄色と金色はお金が入りやすい」という効果ではなく、「お金の金回りが良くなる」という効果だからです。お金を循環させることは大切です。しかし、消費傾向のある方や衝動買いしやすい人ではお金が溜まるどころかむしろ浪費してしまいます。もし、そのような方が財布を持った場合、それまでよりも財布のひもをきつく締めることを意識しましょう。

堅実にお金を貯める茶色・緑

茶色と緑色はコツコツと堅実にお金を貯金したいという人におすすめできる色合いです。茶色(ベージュ)は様々な運気を「育てる」とされています。運気を全体的に向上させる色なので、金運も恩恵を受けます。また茶色(ベージュ)は安定感をもたらす色で、お金が定着しやすいとされています。そのため無駄な浪費を抑え、貯金が容易になりやすくなります。そのため浪費や無駄な出費を抑制して、貯金をしたいという人に推奨できる色合いとなっています。また緑色の財布も同様に着実にお金を育てるという効果があります。緑は癒しの色で、お金にとっての「家」である財布をこの色にしておくことで居心地が良くなり、お金が留まりやすくなるとされています。また緑色は精神的なストレスを解消し、落ち着きを取り戻すことができる色です。そのためストレスによる衝動買いを抑えるという効果を期待することができます。「衝動買いを回避する」のではなく、「自分の衝動買いの癖を治したい」という人は緑色の財布を持つことを試してはいかがでしょうか。

人脈・仕事からお金を得ることができるピンク・紫

仕事が軌道に乗ること、人と良い関係を持つことによる影響でお金を得たい場合、ピンクや紫色の財布を持つことをおすすめします。ピンクの財布はどんな相手とも良い関係を繋ぐことができるとされており、玉の輿に乗りたいという人におすすめできる色です。また、良い出会いを求めている場合でもピンク色は効果を発揮してくれるとされています。紫は神秘的で高貴なイメージがあり、社会的地位を上げたいと考えている人におすすめできる色です。紫は単体で金運の向上に効果を出すことはありません。しかし、紫の財布を持つことによって出世をしたり、業績を良くすることによって得られるお金が増えることが狙いです。現在取り組んでいる仕事や事業を成功させたいという人や資格の取得をしたいという人は紫の財布を選んでみましょう。

赤色と青色は風水的に選ばない方が良い色

おすすめできる色があるということは反対におすすめできない色も存在します。代表的な色として赤色と青色が存在します。赤色は「炎」に関係する色とされています。財布を赤色にしてしまうと炎がお金を燃やしてしまうと考えられています。青色は風水において「水」に関係する色とされています。そのため、財布が青色だと消費を鎮静させる効果があります。しかし、鎮静の力が強く働きあなたをケチな人間にしてしまう可能性があります。浪費はお金が貯まらない問題の1つですが、金回りが悪いと財布に入ってくるお金も減ってしまいます。適度にお金を循環させることが金運アップにつながるため、鎮静力が強い青色も避けた方が良い色の1つと言えます。

風水  風水