風水における黒色について

風水における黒色について

風水の基本的な考え方は「陰陽五行説」というものに基づいて行われています。これは自然界のあらゆる物事を「火・水・土・金・木」の5つに分類する「五行」という考えを元に作られています。その五行に対応した「五色」において黒は「水」に属します。この記事では風水における黒についてご紹介します。

黒は金運を上げる

黒にはお金を寄せ付け、出ていかないように閉じ込めておく効果があります。これは黒が良いものを取り込み、悪いものを祓うという考え方がなされているからです。以外にも黒と反対である白色にも金運を上昇させる力があるとされています。しかしお金を増やす経緯が白と黒では大きく異なります。黒は「お金を取り込み、無駄な出費を出さない」という考え方です。反対に白は「多くのお金を出費し、リターンでさらにお金を増やす」という考え方です。そのため「出費を減らしてお金を堅実に貯めたい」という人は同じ金運に関係する色でも黒色を選択しましょう。

余計な人間関係を寄せ付けない

黒には邪気を祓い、人を寄せ付けなくするという効果を持っています。心理学で黒が防衛色と言われるように黒は付き合う人間関係をはっきりと別つ効果を有しています。一見この効力はデメリットと見えますが、悪いことだけではありません。なぜなら誰とでも人間関係を持つことが良いことと言い切ることができないからです。例えば、広い人間関係を持つとどうしてもお金や時間を費やしてしまいます。また、人によってはあなたにとってデメリットとなる人物も存在するはずです。本当に大切にしたい人との時間やあなた自身の時間を無駄に浪費するというのはあなたにとって損とも解釈できます。余計なトラブルを避けるという意味も含めて黒色を意識するのも1つの手かもしれません。

黒い財布でお金を守る

上記で記載した通り、黒にはお金を閉じ込めておく効力が存在します。その効力をより引き出したいのであればお金と深い関係にある財布の色を黒にしてみましょう。「お金が溜まりにくい」「浪費癖が大きい」という人は1度財布の色を黒色に変更し浪費を減らしてみましょう。

黒色を取り込みすぎてはいけない

黒の効力をより受けるためにアクセサリーや服に黒色を多く使う人がいますが、あまり良いとは言えません。なぜなら黒は他の色以上に「陰」の気が強いとされています。そのため、あまり黒色を多く用いると逆効果となる可能性があります。身体に多くの陰の気が存在すると冷えにつながり、それが起因して気持ちが落ち込んでしまう状態になります。下着やパジャマといった1日の内、長時間の間身につけるものに黒色を用いることは避けた方が良いでしょう。また、「水」の方角である北に黒色のものを使用することも風水では良くないとされています。黒は北に対応する色ではありますが、空間に「陰」の気が溜まってしまうので、部屋に黒を取り入れるのは程々にしましょう。

黒と組み合わせの良い色

黒は「陰」の気を出すため、多用すると「水毒」という健康面に悪影響を及ぼしてしまいます。しかし、緑もしくは青のどちらかを黒と組み合わせることによって問題は解決します。なぜなら、「木」の性質を持つ緑(青)は水の気を吸収するとされているからです。もし好きな色が黒という場合には緑か青と組み合わせることによってラッキーカラーになります。

風水  風水