茶色が持っている風水的な力について

茶色が持っている風水的な力について

茶色の風水的な意味は「成長」です。これは大地の土の色が茶色からだとされています。地味な色という印象が強いかもしれませんが、全体運の向上には欠かせない色とされています。この記事では茶色が持っている風水的な力につういてご紹介します。

茶色の効果

茶色には癒しや心を落ち着かせる効果を有しています。そのため悩み事や気持ちに余裕がないという状況で力を発揮します。また茶色はどのような色と組み合わせても風水的に良いとされています。そのため、部屋のインテリアやファッションにも非常に使いやすい色とされています。またすぐに取り入れやすいという利点も素晴らしいと言えます。茶色を好んで取り入れている人の多くは落ち着きがあり、集中力が人より軒並み優れていたり、周囲にしっかりと気配りができるなどと冷静に物事を判断できる人が多いとされています。事実お寺の修行僧も生活の多くに茶色を取り入れています。

茶色の効果を最大限に発揮する方法

いざ試すとなれば茶色の風水の効果を最大限に発揮することがおすすめです。その為にも茶色と相性が良い色と組み合わせて風水の効果を増大させる工夫を行いましょう。金運を上昇させたいのであれば黄色と茶色を組み合わせるようにしましょう。どちらの色も土の気を持っているため、効果や運気を上げることになります。その上貯金にも一役買ってくれます。なので、貯金をしている人は是非ともお財布の色を茶色にしてみましょう。

独立運を後押しする

茶色には心や精神を落ち着かせる効果以外にも独立を後押しする力があるとおされています。一見孤立するように思えますが、意味が異なります。孤立は完全に一人になることですが、独立は自分の力を軸にして生活することを指します。また仕事で独立といえば「起業」ですが、起業には多くの不安な要素や不安定な事柄が混ざっています。多くの人はそれらのことに顰蹙してしまい起業することができません。しかし、茶色はそれらの不安要素も持ちながらでもしっかりと後押ししてくれます。事実多くの企業家や自営業の方の若い時のスーツや普段着は茶色が多いというデータが存在します。風水の精神的な後押しというのは目に見えるものではありませんが、一概に否定することはできないのです。独立を考えてる人は茶色を取り入れるようにしましょう。

茶色におすすめの方角

茶色は風水においてどの方角とも相性が良いとされています。その中でも飛び抜け相性が良いとされているのが南西の方角です。茶色のものを南西の方角に置くことによって家庭運が上昇するとされています。また茶色のものを置くだけではなく緑といった植物も組み合わせると木の気と組み合わさって、さらに運気が上がるとされています。茶色を多く部屋に取り入れるために、ウッド調の部屋にすると良いとされています。

茶色の注意点

一見万能に思える茶色ですがデメリットも存在します。それは色合いが他の色と比べて地味という点です。家の中は特に茶色を取り入れたいですが、ファッションやインテリアの多くを茶色にしてしまうと他の人から地味で暗い印象を持たれる可能性があります。特に大切な人や意中の相手と接する日には茶色以外の服を着用することをおすすめします。

風水  風水