風水で赤の持つパワー

風水で赤の持つパワー

風水では色によって様々なパワーがあると考えられています。私たちの環境には様々な色が溢れています。何気なく来ている洋服の色でもその日の気の流れを左右するのです。色を上手に使って開運しましょう。今回は赤についてご紹介します。

風水での「赤」の意味

風水は陰陽五行の考えから来ています。陰陽五行の陰陽では「赤」は「陽」の色になります。

また五行とは「木・火・土・金・水」の5つのことで「赤」は「火」になります。

さらに方角にも相性の良い色があります。「赤」は「東」と相性の良い色になります。

そのような要素を持つ「赤」は、元気や活力、生命力、情熱といった意味を持ちます。

「赤」を使うことの効果

そんな意味を持つ「赤」を生活に使うことによってどんな効果があるのでしょう。

まず、私たちに元気や活力、生命力を与えてくれます。元気がない時に使うといいでしょう。

赤いパンツ健康法というのがありましたが、あれは丹田というツボに「赤」いパンツの色が刺激を与え活性化させるので風水的にもおすすめです。

情熱や活力があることから仕事の運気を上げるのにも効果的です。仕事用の小物などに赤を使うといいでしょう。また音や言葉とも相性がいいです。携帯アクセサリーなども赤いものがおすすめです。望んでいる方からの連絡、待っていた情報などが入りやすくなります。プレゼンなどで自分の言葉に力を持たせたい時は喉の近くに赤を使うといいでしょう。男性ならネクタイ、女性ならスカーフがおすすめです。

「赤」を使うときの注意点

「赤」は「陽」の気が強い色です。「陽」も強すぎると気持ちが高揚しやすくなります。イライラしている時や怒りを感じている時に使うとさらに気持ちが高ぶりやすくなるので注意しましょう。

インテリアなどでも多用し過ぎると落ち着かない部屋になり、気が休まりません。気が休まらない部屋というのは「気」の補充ができない部屋になってしまいます。特に寝室にはおすすめしません。

「赤」のおすすめの使い方

「赤」は東の運気を持った色です。仕事運や発展運があります。仕事用の小物に使うといいでしょう。フィアルや名刺入れ、ペンケース、ペンなどに利用しましょう。女性はバックなどもおすすめです。

また仕事用の洋服や小物などに使うのもいいでしょう。男性は特にネクタイがおすすめです。洋服に赤は使いづらいと思われる方もいるかもしれません。その場合は下着に使うのがおすすめです。下着に使用しても仕事運、発展運などUPしてくれます。

インテリアとしての「赤」の使い方

「赤」効果がより効果的に使えるのが東です。東に赤の小物を飾ったり、窓があるなら赤をメインカラーにしたカーテンを飾ったりするといいでしょう。あまり「赤」を多用し過ぎると「陽」の気が強くなりすぎるので気をつけましょう。

また、「赤」は東だけでなく北東にも使うのもおすすめです。北東のカラーは「白」です。そしてポイントに「赤」を使うのがおすすめです。いい意味で北東が刺激され良い変化が起こりやすくなります。い1:9の割合で赤と白を使うといいでしょう。

まとめ

「赤」は人にやる気を出させてくれたり、元気を出してくれる色です。頑張らなくてはいけないものがある時などに上手く利用するといいでしょう。

風水  風水