風水でのオレンジの持つパワー

風水でのオレンジの持つパワー

風水では色によって様々なパワーがあると考えられています。方位によってその方位を象徴するカラー、その方位の意味を持つカラーとして割り当てられています。私たちの生活する環境では様々な色に囲まれています。それらひとつひとつに意味があります。上手に色を使うことで色のパワーを味方につけて運気を上げることができるのです。

風水での「オレンジ」の意味

風水は陰陽五行の思想が元になっています。この世の中の物はすべて陰陽五行によって分類されるという考えでその組み合わせなどにより運気が左右されていると考えます。

「オレンジ」は陰陽のなかの「陽」の色に分類されます。日本は風土的に「陰」が強いです。ですから「陽」を多くするぐらいでバランスが良いとされています。「陽」の色に分類される「オレンジ」を積極的に使いましょう。

また「オレンジ」は東南の気を持つ色です。人との縁、人間関係の意味を持ちます。

「オレンジ」を使うことの効果

「オレンジ」を使うことによって得られる効果にはどのようなものがあるのでしょう。

「オレンジ」には若々しく明るく元気な印象を与える効果があります。実際、身に着けることで活動的になることができるでしょう。周りの人に明るい人柄の印象を与えるのでその効果もあって、「オレンジ」は人との縁を良くする色でもあります。人に対して親しみやすい印象も与えるので、人間関係で悩んでいるときには多用するといいでしょう。

恋愛においても出会い増やし恋愛運を上げてくれます。仕事運でも人脈を増やすのに役に立つでしょう。

「オレンジ」のおすすめの使い方

恋愛運を上げるために「オレンジ」を使う場合はファッションに取り入れるのがいいでしょう。洋服で明るい色は苦手であったり、制服などがある方は下着に使うのもおすすめです。さらにメイクでもオレンジを使うことで明るく見え第一印象を良くすることができます。女性の場合は仕事の時に利用できます。人と接する職業や人脈が必要な営業職などの場合、オレンジをメイクに取り入れることで好印象を与えることができるでしょう。

人との関りが大切な仕事の場合、仕事の小物にオレンジを使うといいでしょう。他の色と合わせてポイントでオレンジを使うのもおすすめです。男性はオレンジを使うことで仕事ができる人に見える効果もあります。職業上可能であればオレンジのネクタイもおすすめです。

インテリアとして「オレンジ」の使い方

東南の部屋や部屋の東南側に「オレンジ」を使うのが一番効果的です。東南の部屋であれば部屋全体を「オレンジ」を中心にコーディネートするといいでしょう。また、違う色でコーディネートされた部屋の場合は部屋の東南側にアクセントとして「オレンジ」を使うのがおすすめです。また、東南にはオレンジと一緒に黄緑を使うといいでしょう。窓がある場合などは花柄と相性がいいのでカーテンなど花柄でオレンジや黄緑を使った明るいものがおすすめです。

まとめ

「オレンジ」は人間関係を円滑にしてくれる色です。人間関係の良さは仕事や恋愛など様々場面で役に立ちます。「オレンジ」をうまく使って良好な人間関係を築きましょう。また、若々しく見える色でもあるので女性には特におすすめです。

風水  風水