風水で黒の持つパワー

風水で黒の持つパワー

風水と色は密接な関係を持っています。色によって元気が出たり、落ち着いたりなど様々なパワーをもらうことができます。日本では黒を使うときは式典の際に着る礼服やお葬式などで着る喪服などに使われる色です。礼服の場合は明るい色を合わせることもあると思いますが、喪服は黒一色で少し白をつかう程度です。そのような使われ方をする「黒」は風水ではどんな意味を持つのでしょう。

風水での「黒」の意味

風水の基本思想である陰陽五行説からみると、「黒」は「陰」の色になります。また五行では「水」になります。「陰」の色の中でも一番強く「陰の気」を持つのが「黒」になります。あまり「黒」を多用すると「陰」に傾きすぎてしまい運気が落ちやすくなりますので使い方を気をつけなくてはいけません。その他に風水では「黒」は秘密を守る色ともいわれています。

「黒」を使うことの効果

「黒」はいい意味でも悪い意味でも今の状態を際立たせます。運気の良い時にはいいですが、悪い時にはどんどん「陰」に傾いてしまうので気をつけましょう。

また、秘密を守る力があります。他の人に知られたくないことなどは黒いものに入れるといいでしょう。

「黒」を使うときの注意点

「黒」を身に着けていると、他人から誤解されやすくなります。秘密主義に見えたり、何を考えているのか分からない人と誤解を受けるのです。あまり人とかかわりを持ちたくないと考えるときなどは逆に「黒」を上手に使うのもいいでしょう。でも職場などで人間関係を良くしたいなどと考えるなら、あまり黒は多用しない方がいいでしょう。上半身に黒を着る場合は、スカーフなどで明るい色を取り入れるのがおすすめです。他の色を合わせることでその色の効果を際立たせるという効果もあります。

インテリアでは「黒」を使うことはおすすめしません。日本は「陰」に偏っている風土です。インテリアでは「陽」を多く取り入れることをおすすめしています。「黒」をインテリアに多用することで「陰」の強い環境になり運気が上がりにくくなってしまいます。「黒」が好きな場合もポイントで使うなどするようにしましょう。

「陰」の気が強い黒なので冷えを誘発しやすくなります。女性の方は気をつけましょう。会社の制服などで普段黒い服を着ている時間が長い方は、下着で「陽」の色を取り入れましょう。下着は体に直接触れるものなので効果があります。また下着に黒を使うと冷え性になりやすくなりますのでおすすめしません。

「黒」のおすすめの使い方

金運が安定していて今のまま維持したいと思うときは黒いお財布がおすすめです。金運を安定させ、無駄遣いが減るともいわれています。

ビジネスの場では「黒」は信頼や誠実という意味ももつので、黒一色ではなく他の色と組み合わせて使うことで自分の格を上げることもできます。パーティーなどでは黒を着つつ他の色を合わせ、華やかに演出するといいでしょう。

まとめ

「黒」はすべての色の中でも特に「陰」の強い色です。ファッション、インテリアなどに取り入れるときは使い過ぎに注意しましょう。また、人間関係で悩んでいる方は黒っぽい服装が多くないか確認してみてください。

上手に使えば今の運気を安定させたりできる「黒」です。程よく生活に取り入れましょう。

風水  風水