風水を活用してキッチンの運気を上げる方法とは

風水を活用してキッチンの運気を上げる方法とは

キッチンには食事を作る為に使用する「火」と、洗い物をする際に使用する「水」の気が入り交じっています。キッチンの運気を向上させるにはこの2つの気のバランスをうまくとる必要があります。 キッチンをしっかり整えないと全体運の低下は勿論のこと、健康面や美容面にも影響が出てしまうので「面倒くさい」と思わずにしっかりと清潔にすることが重要です。

冷蔵庫には何も貼らない

よく冷蔵庫に食事のレシピや予定表を貼る方がいますが、これはやってはいけません。冷蔵庫は物を冷やすという役割があるので、貼ったものに対してどんどん冷やしてしまうという効果があります。「予定表を貼れば、今後の予定が冷えていく=うまくいかなくなる」「友人との思いでを貼れば、友人との関係が冷めていく=不仲になる」なので、自分の今後に関わるものは、冷蔵庫ではなく自分の部屋に貼るようにしましょう。

食器には気を使う

風水では食器からもパワーが貰えるといわれているので、食事の後の食器はすぐに洗うことが良いとされています。とくにガラス食器は金運を上げてくれる効果があるので特に注意しましょう。 食器を洗うスポンジも重要で、汚いスポンジを勿体ないからといってずっと使っていると運気が下がります。マイナスの気のものを食器に当てることになるのでマイナスの気を引き寄せてしまいますので気をつけてください。 洗う際には丁寧に扱うようにしてください。もし食器が欠けてしまったらすぐに処分するようにしてください。欠けた食器は陰の気を纏ってしまうので、人間関係にヒビをいれていまうので危険です。

ゴミ箱は清潔に保つ

ゴミを溜めておくことは運気をとても落とします。悪臭を放つゴミをそのままにしておくと、臭い中生活をしているので自分の運気も部屋の運気も低下してしまいます。 ゴミの悪臭は風水の運気だけではなく、身体的に悪い影響を与えるというデメリットもあるので、病気を誘発してしまいます。運気だけではなく体調まで悪くなってしまうので気をつけましょう。 ゴミ箱は蓋つきのものを使用するようにし、ゴミはこまめに捨てる習慣をつけましょう。一週間以上捨てていないゴミが自宅にある人は運気が下がっているので要注意です。

賞味期限切れのものはすぐに処理

賞味期限の切れているものが冷蔵庫に入っている人は美容や健康面で運気が落ちてしまいます。賞味期限が切れたということはゴミと同じなので役割を終えたものという意味になります。 冷蔵庫の中にそのまま入れておくことによって、役割を終えたという影響が新鮮なものにまでマイナスの気を与えてしまうのですぐに捨てましょう。 冷蔵庫以外の場所にも賞味期限切れのものがある場合はそれもすぐに処理しましょう。

まとめ

キッチンは「火」の気と「水」の気が入り交じる空間なので、気を整えれば良い方向へ、悪いまま放置しておくと悪い方向へすぐ向かってしまいます。 冷蔵庫には何も貼らず、賞味期限の切れているものはすぐに捨てましょう。 食器はすぐに洗い、ゴミはすぐに捨て悪い気は溜めないように心がけましょう。 もしすぐに捨てられないのならば、ゴミ箱には必ず蓋をしましょう。 スポンジはこまめに新しいものにし、欠けた食器はすぐに処理することが運気を下げないコツです。 キッチンは全体運にも関わってくるのできちんと整えることが大切です。綺麗にすることを心がけましょう。

風水  風水