トイレの配色で開運できる風水術とは

トイレの配色で開運できる風水術とは

最近あまりお金のまわりが良くない」「体調が良くない」「会社や家庭内での人間関係がうまくいかない」などの悩みはありませんか。これらの悩みの種は自宅の「トイレ」が関係していることがあります。皆さんの自宅のトイレは今どんな状態でしょうか。実はトイレに置いてあるインテリアやトイレカバーなどの色が自宅の運気に大きな影響を与えているのです。今回はそんな自宅の運気を良くし、開運に導いてくれるトイレの配色をご紹介します。

黄色

黄色は金運効果があります。トイレにはもともと金運をつかさどっているので黄色を使うと金運を呼び寄せる力が倍増します。黄色の中でも明るい発色の黄色を選ぶようにしましょう。黄色を配色する際に、トイレをしっかり掃除しておかないとどれだけ黄色いものを使っても金運は下降してしまいますので気をつけて下さい。

オレンジ・ピンク

オレンジやピンクは人間関係を良好に運んでくれる効果があります。さらにトイレの配色に暖色を使うことはとても良いことで、明るい気を集めてくれます。もともとトイレは「冷える」空間なので、冷えをカバーしてくれる暖色は特におすすめの色です。この時に色に合わせた柑橘類の香りも合わせるとさらに効果的です。

緑・水色

緑と水色は清潔感を印象づけてくれる色です。爽やかな緑や青を取り入れることによって、気の通りもよくなりますし使う側も気持ちよくなります。とくに緑は木々をイメージさせる自然の色なので、透き通った空気感にしてくれます。さらに健康運向上や癒しの効果もあるので、体調の悪い方にはおすすめの色になります。

使ってはいけない色

「黒」「紺」「モノトーン」は使ってしまうと悪い気を倍増させてしまうので危険です。トイレは排泄の場であまりよくない気が集まる場所です。そこに「停滞」「停止」などの意味がある黒を使ってしまうと、悪い気を滞らせることになってしまうので良くありません。紺やモノトーンも暗い色なので、運気向上には繋がりにくくなってしまいます。

まとめ

トイレは「排泄の場」なので浮上の場ともいわれています。基本的にどの方位にあっても良い運気が流れにくく、しっかりと整えなければ悪い運気がどんどん蓄積されていってしまいます。なので、金運を上げたいのならば「黄色」を使いましょう。人間関係を円滑にさせたいときは明るい気を集める「オレンジ」や「ピンク」を配色に使いましょう。この時に柑橘類の香りを一緒に使うと気持ちも高まり効果が上がります。健康運が気になる方は自然に近い色の「緑」や「水色」を使いましょう。健康運だけではなく清潔感も演出できるので便利です。配色するときに「黒」「紺」「モノトーン」は厳禁です。悪い気を倍増させてしまうので注意してください。トイレは基本的に清潔にし、できれば毎日掃除してください。そして小窓がついているトイレの方は毎日換気をしてください。トイレの開運ポイントは「清潔」「換気」「良い香り」の3つが前提ですので必ず行うようにしましょう。その3つがしっかり施されているトイレには色の効果がすぐ出てくるので安心してください。もう1つ注意点として、トイレに色々と装飾したり、たくさんの色を混ぜてしまうと気が喧嘩してしまうので運気を下げてしまいます。合わせるならば2色くらいにしておきましょう。トイレは毎日清潔に保ちながら自分の好みの運気アップカラーを選んで、良い運気を呼び寄せて開運していきましょう。

風水  風水