風水で分かるインテリア絵画で運気を上げる方法とは

風水で分かるインテリア絵画で運気を上げる方法とは

ご自宅にインテリアとして絵画を飾られている方は多いのではないでしょうか。その絵を選ぶ際にはきっと自分の直感で「これがいい」と思ったときたものを購入されていると思います。では実際にそのご自宅にある絵画は皆様の運気を上げるものでしょうか、下げるものでしょうか。きっと購入する際にそんなことは考えずに欲しいものを買われますよね。それは全く悪いことではありません。しかし自宅に飾る絵画は買ったときの状態や使っている色や描いてあるデザインによって運気が左右されてしまいます。今回はそんな絵画を買うときの指標になるように、飾っていると自宅の運気を上げてくれる絵画はどんなものかをお伝えしたいと思います。

購入した時の状態はどんなものか

購入した時の状態とは「新品」か「中古」のどちらで購入したか、ということです。購入するといっても今はインターネットも普及しているため誰かから簡単に中古で購入できてしまいます。「新品」で購入した場合問題はありませんが、注意して頂きたいのは「中古」で購入した場合です。中古が全て悪い訳ではありませんが、絵画などのインテリアには以前の持ち主の念や気がとても溜まりやすいものです。もしその絵画に悪い念がこもってしまっていた場合とても厄介なことになってしまいます。例えば中古の絵画を購入してから自宅に居ると体調が悪くなってしまったなど運気だけでなく身体にも悪影響を与えてしまいます。ですので購入する際は安いからラッキーだと思ってすぐ手を伸ばすのではなく、少し考えてから手にするようにして下さい。

どのようなものが描かれているか

基本的に描かれているものは「幸せなテーマのもの」が理想的です。幸せなテーマというと「花」や「木」や「空」のような自然を描いたものや、「動物」や「家族」のような生きたものを描いてあるものです。有名な画家で「骸骨」や「死相」をテーマに描いている人がいますが、絵画自体はとても尊く芸術的で素敵なのですが、ご自身の運気を上げるということならばあまり向いていません。自分が絵を見た時に心があたたまるような絵画を飾るようにしてください。

どのような色味ものがいいのか

使っている色味は「黄色」「赤」「ベージュ」「オレンジ」「白」「緑」のような暗くない色味の使っているものがおすすめです。「黒」や「灰色」ばかりを使っている暗い絵画を飾っておくと運気もですが、気分もあまり上がりません。アクセントに使われているものは問題ありませんが、暗い色一色のものは辞めておきましょう。なるべく明るい色味のものを選んでください。

まとめ

ご自宅に飾る絵画を選ぶ時にはなるべく「新品」で購入するようにしましょう。「中古」で購入してしまうと以前の持ち主の方の念や悪い気が滞ってしまっていた場合あまり良い影響がありません。購入する際は注意してください。購入する絵画は「自然」や「生きもの」などをテーマにした「明るい色」を使用したものを探してください。「骸骨」や「死相」をテーマにした「暗い色味のもの」は運気を上げるという点では不向きになります。選ぶ際に一番重要なのは自分がその絵画を見て「気分が上がるかどうか」です。手に取って気分が上がる絵画を部屋に飾って気分も運気も上げていきましょう。

風水  風水