風水で恋愛運を上げる花の選び方とは

風水で恋愛運を上げる花の選び方とは

いま皆様「恋愛」に関しての悩みを持ってはいませんか。新しい出会いを求めている方や片思いの方、両思いだけどなかなか最近うまくいない方など悩みの種類は様々だと思います。そんな恋愛にお悩みの皆様のご自宅のインテリアに「花」を飾られている方はいますか。実は恋愛に関する悩みと花のインテリアの関係は恋愛運にとても深い繋がりがあるのです。今回はそんな恋愛の悩みをお持ちの方におすすめの花のインテリアについてご紹介したいと思います。

恋愛運と花の関係

そもそも「花」というものは女性にとってあったほうが良いインテリアです。花は匂いや見た目が女性らしさを引き出してくれるので、飾れるのならば生きている花を玄関や寝室に飾ってあげると良いでしょう。もし本物を飾るのとお世話するのが厄介なので嫌だ、という方は花瓶などの花柄の雑貨を飾るようにしてみてください。女性らしさを引き出してくれる「花」はピンクやオレンジなど明るめのものを飾ることをおすすめします。ピンクは女性らしさを、オレンジは女性性を引き出してくれるので、その部屋で過ごすだけで運気を上げてくれます。運気が上がると、自分では意識せずとも女性らしさが向上していくので新しい出会いや気になる相手からの自分の評価も変わってくるでしょう。

恋愛運や結婚運を上げてくれる花

ではどんな花を飾るのが一番良いのかというと、「ガーベラ」「マーガレット」「チューリップ」などがすすめです。これらの花は恋愛運や家庭運などの温かみのある運気を上げてくれるので、現状円満だけれども更に安定感を求める人などにおすすめです。花だけでは寂しいという方は一緒にかすみ草などを飾ってあげると可愛らしくて良いでしょう。本物の花を飾ることによって、恋愛運アップと共に気分の浄化にもなるので一石二鳥です。植物は新鮮な気を流してくれるので、部屋に1つでも置いておくことによって部屋の空気や気の流れを変えることもできます。

花を置く時の注意点

花を生ける際に注意しなくてはいけないことは、「常に清潔に」「水と日をしっかりとあげること」「枯らしてしまったらそのままにしない」この3つが重要です。花の運気向上は生きている花だからこそ有効です。そのために、しっかりと花のお世話を忘れないようにしましょう。お部屋やご自身の運気が低下している時に、花や植物は良い気を流してくれます。その時に使うエネルギーは莫大なものなので、日頃の感謝をしっかりと伝えて上げてください。そうすることで、部屋にもご自身にもプラスになる素敵な運気や気を流してくれます。ドライフラワーや造花は運気を停滞させたり、下げてしまうので置かないようにして下さい。

まとめ

恋愛運を上げてくれる花は、「ガーベラ」「マーガレット」「チューリップ」です。花の色は「ピンク」や「オレンジ」などの明るい色を選ぶようにしましょう。ピンクやオレンジにはもともと恋愛運や女性性の運気を向上させてくれる効果があるので、それを花に活かすことによりより良い効果を得ることができます。花一輪だけでは寂しいという方はかすみ草なども混ぜて飾ってあげるとより良いでしょう。花を飾る際の注意点は「清潔に」「しっかりとお世話をする」ことです。この2つをやらないと、花は枯れてしまいせっかく良い気を流してくれるはずだった花から悪い気が流れてしまいます。死を連想させるものや、活力のないもの、汚いものは運気を下げてしまうものなのでそれらを部屋の中に作らないようにして下さい。花をきちんとお世話してあげながら、ご自身の恋愛運もちゃんと向上させて幸せを掴みにいきましょう。

風水  風水