花風水で運気UP

花風水で運気UP

風水とは風水の法則に則って環境を整えることによって「良い気」の流れる環境をつくり、その「良い気」によって運気を上げるものです。

風水で良い気を呼び込む方法はたくさんあります。その中の一つが生花を飾ることです。

花は生き物です。生きたものには「生気」があり、その場の「気」を活性化します。

花はどのように飾っても運気を上げてくれるアイテムではありますが、飾り方によって効果的に運気をUPすることができます。

花風水で恋愛・結婚運UP

恋愛運を上げる切り花は花の形状は花弁が長いもの、茎が長いものがおすすめです。例えばガーベラなどがいいです。カラーはピンク、白、黄色、オレンジなどがいいでしょう。カラフルに飾るのがおすすめです。

特に、部屋の東南側に飾ることで恋愛運がUPします。

注意点としては鉢花は飾らないようにしてください。結婚運が悪くなりやすいです。

花風水で金運UP

金運が上がる切り花は花の形状は丸いものがいいです。カラーは黄色や白を合わせて飾るといいでしょう。飾り方も高さを出すよりは低く活けましょう。

花瓶は丸い形状がいいです。白の陶器製が一番おすすめです。

花風水で仕事運UP

仕事運にはシャープな感じの花がいいでしょう。バラなどおすすめです。カラーは赤や青がいいです。例えば青い花がない場合は、花瓶を青にするのもいいです。花瓶の形状は四角く背が高いものを使用しましょう。

切り花を効果的に飾る

切り花を飾ると効果的な場所は玄関と寝室です。

「気の入口」である玄関に生花を飾ることで生き生きとした良い気を家の中に引き込みます。

寝室に飾ると気の吸収タイムである寝ている間に生花の良い気を吸収することができます。

花の飾り方として、1度に豪華に飾るよりも、1本でもいいので毎日生花が飾られている状態の方が常に「生気」があり良い気が部屋の中に流れます。たまに飾るより毎日花が飾られている方が風水的には運気が上がります。

切り花を飾る時の注意点

枯れた花をいつまでも置きっぱなしにしないようにしましょう。

枯れた花は「気」が枯れています。「けがれ」につながり、「邪気」になります。気をつけましょう。

花瓶の中の水にも注意していください。特に夏は水が腐りやすいです。水の交換を怠ると悪習を放つ場合もあります。そうなると「邪気」を発するものになってしまいます。

また、空になった花瓶をそのまま飾り続けるのはやめましょう。空っぽの花瓶を置いておくとその中に「気」が吸い込まれてしまいます。

ドライフラワーや造花について

風水でドライフラワーは花が枯れたものを同じ意味を持ちます。ですので、飾ることで「邪気」を呼び込むアイテムとなってしまいますので、運気UPのアイテムとしてはおすすめしません。

造花は生花が持っている「生気」はありません。でもその形状や色には効果があります。枯れた生花を飾っているぐらいなら造花を置く方が運気UPになります。

何も置かないよりは造花を飾った方がその場の「気」は活性化されます。もちろん、生花よりは効果は落ちます。

まとめ

切り花はどんな飾り方をしてもその空間の運気を上げてくれます。枯れたものを飾らない限り花によって運気が落ちることはありません。また欲しい運気にあった花を飾ればさらに効果が期待できます。

 

 

風水  風水