居間を風水で整えて運気を上げる

居間を風水で整えて運気を上げる

居間は家族が団欒などして長い時間使う場所です。家のなかでも中心的に使う部屋になります。その居間をどのようにすれば運気が上がるのでしょう。

居間の風水的意味

家族全員が使う居間は家族全員の運気に関係しています。また、家族の仲、家庭運などにも関係してきます。家の中心になる居間がどうなっていてどんな状況なのか、とても重要です。居間は家の南西側にあると家庭運が上がるといわれています。可能なら南西に居間をつくりましょう。

居間のインテリア

風水の基本である「整理・整頓・清潔」は居間にとってもとても重要です。家族の仲があまり良くないなど問題を抱えているなら、まずは徹底的に掃除することから始めましょう。

きれいになったら観葉植物や花を飾ることをおすすめします。生き生きした「気」が居間に巡るようになり、家族の運気が上がるでしょう。

家族が楽しく笑っている写真を飾るのもいいでしょう。写真はその時の気を持っています。家族がその写真を見て楽しかったことを思い出すことでその時の気を受けることができ、家族仲がさらに良くなっていきます。

居間に必ずあるもののひとつにテレビがあります。テレビの配置場所としては東がおすすめです。良い情報を得ることができます。テレビが南に配置してあると家族がイライラしやすくなりますので注意しましょう。部屋の構造上どうしてもテレビが南にしか置けない場合もあると思います。その場合は一対の観葉植物を飾るといいでしょう。上の伸びる背の高めの観葉植物がおすすめです。

ソファーは西側に置くのがいいでしょう。東にテレビを置いて、西にソファーを配置することで東を向いてくつろぐことができます。東を向いてくつろぐことでやる気や覇気がでてきます。家族が生き生きと暮らすためにとてもおすすめの配置方法です。

カーテンは必ず用意しましょう。レースのカーテンも用意し2重にしましょう。太陽の光をさえぎってしまう遮光カーテンはおすすめしません。当たり前のことではありますが、朝はカーテンを開け、夜はカーテンを閉めましょう。夏など西日が強い場合は金運を落とす原因になるのでその時間帯だけカーテンを下ろして少し日光を遮るようにしましょう。

居間の注意点

奥様の趣向で整えられた極端なインテリアであったり、奥様の趣味で埋め尽くされているような居間では家の主人の運気が上がりにくくなります。家の主人が使いやすくくつろげる居間にするよう心掛けましょう。人形の飾り過ぎも運気を落とします。

キッチンとつながっている居間の場合、キッチンからでるニオイに注意してください。生ごみ臭などの臭いニオイは「邪気」になります。居間までニオイがするようであればきちんと対処するようにしましょう。

インテリアではあまり黒は使用しません。「陰の気」が強くなるからです。「陰」が強くなると家族間で隠し事が増える原因になります。

まとめ

居間は家族全員の運気を左右します。また、家庭運にも大きく関係してくる場所です。家族が楽しく、リラックスして過ごせる空間づくりが大切です。風水でインテリアを整え、家族の笑い声が絶えない居間にしましょう。笑うことでさらに「旺気」が引き寄せられてきて運気が上がるでしょう。