金魚が持っている風水的な効果について

金魚が持っている風水的な効果について

風水は約4000年前に中国で誕生した環境学の1つです。風水は気の動き・流れに着目して発展しました。この気は地形や方角、色によって良い方にも悪い方にも変化します。また物によっても変化します。物によって影響が出る役は異なりますが、金魚は金運に効果を出すとされています。ペットとして身近な生き物の1つですが、金運にも良い影響を出す非常に優秀な生き物です。この記事では風水と金魚について記載しています。

金魚の置き場所と置くべき方角

金魚を飼育する場合、水槽ではなく金魚鉢を選ぶようにしましょう。これは「金魚を飼う場所が丸い方が、金運の回りが良いとされているからです。家で金魚を飼育する場合、できるだけ金魚鉢を選択するようにしましょう。次に金魚を飼育する場所を選びます。基本的に風水の恵みが良い場所に置くと良いとされています。よって玄関に置くようにしましょう。玄関は外から流れてくる良い運気が多い場所です。次に方角を選びます。風水的に金魚鉢の置き場に適した方角は東、南東、西、北西の4つです。これは金魚鉢に含まれた水の要素と相性のよい方角が東、南東、西、北西ということに関係しています。

金魚の個数や色

金魚は中国語では「チンユイ」と発音します。このチンユイという発音が「余金」という言葉と同じ発音になります。この「余金」ですが、意味は「お金が余る」という意味合いになります。以上のことからお金に関係する生き物として愛でられていたそうです。また金魚はたくさんの卵を生みます。そのことから「安産」「多産」の祈願としても親しまれていました。また金魚鉢の中でたゆたう水は「お金持ちへと流し進める」ともされていました。そのため金魚を飼育するだけで、大きな財運を呼び寄せるということになります。しかし、金魚と水の力で財運を上げるには適切な色や数を把握する必要があります。風水では赤は「火」、白は「金」、黒は「水」を示します。そのため、赤は「火」でお金を燃やしてしまうとされています。その為、財布といったお金に関係する物に赤は適切ではないとされています。したがって、風数的に金魚の色にこだわるのであれば「白」か「黒」の色をした金魚を選ぶようにしましょう。また金魚の個数ですが、金魚の数は「水」「土」「木」「金」「火」で表すことができます。黒色の金魚であれば「水」を示し、飼育する金魚の個数は1匹が適切と言えます。また白色の金魚であれば「金」を示します。よって飼育する個数は6匹か7匹が適切と言えます。

適切な水を用意する必要がある

金魚は綺麗な水でしか生きることができません。また風水的に汚れた水が入った水槽(金魚鉢)は家中に悪い気を流すとされています。また綺麗な水に変えるだけではいけません。なぜなら金魚の種類によっては「水道水のみでは生き餌雨ことができない」「特定の水の中でしか生きることができない」といった条件が存在する可能性があります。よって購入時にしっかり店員さんに確認を行いましょう。また風水の世界では金魚鉢は光を反射して輝かせるクリスタルと同じ役割を持っています。そのため、水の美しさだけでなく金魚鉢の汚れ目にもしっかり気配りをするようにしましょう。

風水  風水