日本安全食料料理協会口コミ評判

日本安全食料料理協会口コミ評判

日本安全食料料理協会は何をしてくれるの?

日本安全食料料理協会(JSFCA)とは、コーヒー、紅茶、和食等に関する食品、料理技術のスキルが一定水準以上である、ということを認定する協会です。これによって、様々な企業が求めるスキルに関して客観的な評価基準を作ることができます。こういった基準は技術者、企業双方にとって役に立つものであるといえます。

日本安全食料料理協会ではどんな資格が取れるの?

日本安全食料料理協会では、合わせて10の資格を取得できます。それぞれの資格内容を口コミ評判と共に紹介していきます。

・コーヒーソムリエ・・・コーヒーソムリエはコーヒー豆、コーヒーの産地、種類、焙煎等コーヒーを楽しむための知識に関してを問われる資格になります。この資格は下記で紹介するカフェオーナースペシャリストとセットで取得される方が多いようです。

・カフェオーナースペシャリスト・・・カフェオーナースペシャリストはカフェのオーナーとして必要とされる知識、技能に関してを問われる資格になります。この資格はこれからカフェを開いて独立しようとしている人、現在カフェチェーン等飲食業界にて勤務している人にお勧めできる資格です。

・紅茶アドバイザー・・・紅茶アドバイザーは茶葉の知識、美味しい紅茶の淹れ方、ブレンド方法等紅茶についての基礎知識を問われる資格になります。この資格もコーヒーソムリエと似たもので、下記の紅茶マイスターという資格とセットで取得される方が多いようです。

・紅茶マイスター・・・紅茶マイスターは紅茶オーナーとしての知識、技能について問われる資格になります。この資格を取得すれば自宅等で講師活動ができますので、自身の生活を豊かにするため、一役買ってくれるものになるのではないでしょうか。

・ワインコンシェルジュ・・・ワインコンシェルジュはワインにおけるブドウの品種ごとの特徴や、世界事情、基本的な情報をマスターすることが求められます。この資格を取得すれば、講師として活躍することはもちろん、ワイン好きの方と意気投合し新たなチャンスが生まれる可能性もあります。

・ハーブライフインストラクター・・・ハーブインストラクターはハーブを生活に生かすための知識、技術が求められる資格になります。この資格を取得すれば、ハーブを使用する職業、加えてセラピストとして活躍する可能性があります。

・薬膳調理師・・・薬膳調理師はその名の通り薬膳について、薬膳に使用される各種食材の効能に対する理解が求められる資格になります。この資格を取得すれば健康を通して、普段の生活を豊かにしていけるでしょう。

・漢方コーディネーター・・・漢方、漢方薬に対する知識、診断方法、養生についての理解が求められる資格になります。漢方についての知識を手に入れれば、漢方というものを普段の生活に取り入れる方法をアドバイスすることや、自身の生活に取り入れていくことができます。

・スパイス香辛料アドバイザー・・・スパイス香辛料アドバイザーは、スパイスの歴史、種類について理解し、その知識を実際に有効利用できることが求められる資格になります。この資格を取得すれば、スパイスを多く利用する料理を扱う飲食店からは、引く手数多であると考えられます。

・和食エキスパート・・・和食エキスパートは、だしの種類や和包丁等の道具、和食の料理に関する知識、技術、技能が求められる資格になります。この資格を取得すれば、講師活動をおこなっていくことも可能ですし、食生活も豊かになること間違いなしでしょう。

日本安全食料料理協会口コミ評判

「食」というものは生活と切っても切り離せません。ですので、こういった資格を取得することによって、ダイレクトに自身の生活に影響がでてきます。加えてどれだけ社会が便利になったとしても、「食」という部分は大きく変わることはないと思いますので、長期的に資格を生かすことができるでしょう。是非興味のある方は日本安全食料料理協会HPにアクセスしてみてください。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)