日本デザインプランナー協会口コミ評判

日本デザインプランナー協会口コミ評判

日本デザインプランナー協会は何をしてくれるの?

日本デザインプランナー協会は、インテリアデザインや、WEBデザイン、ファッションデザイン等、デザイン全般の資格認定制度を実施している組織です。この協会による認定制度で、デザインという具体化できない技術のレベルを明確にし、デザインに関するスキルを持つ人材の社会的地位を確立していくことが可能となります。

日本デザインプランナー協会ではどんな資格が取れるの?

日本デザインプランナー協会では、18種類もの資格が用意されています。どの資格もビジネス、私生活共に役立つものであり、多くの口コミ評判を集めています。それでは、当協会で取得できる資格をいくつか紹介していきます。

・インテリアデザイナー・・・この資格は、インテリアに関する商品知識、販売技術、加えてデザイナーの本分である表現力が問われる資格になります。口コミ評判から、この資格はインテリアデザイナーとして働こうと考えている方、現在インテリアデザイナーとして働いている方のキャリアアップとして受験される傾向にあるようです。

・ホームページWEBデザイナー・・・この資格は、WEBデザインに関する高いレベルの知識とセンス、スキルが問われる資格になります。この資格を取れば、現在流行りのWEB業界、広告業界のクリエイティブ職で即戦力として活躍していくことができるでしょう。

・SEOマーケティングアドバイザー・・・この資格は、SEOやWEBマーケティングに関する知識、加えてこれらのことに対して高いレベルの視点を持つことが求められる資格になります。近年WEB業界におけるSEOの重要性は飛躍的に向上しています。この資格を取ればWEB業界での就職は間違いなく有利ですし、近年流行りのプロブロガーへの道を目指す助けにもなるのではないでしょうか。

・POPデザイナー・・・この資格は、POPデザインに関する知識、センスに加えPOP作成時のレイアウト、配色、状況判断が高いレベルであることが求められる資格になります。この資格を取得すれば、広告業界や小売業界等POPを利用して販促戦略を実行する業界への就職には非常に有利になるでしょう。就職だけでなく、この資格を利用した講師活動等で独立も目指せます。

・実践建築模型・・・この資格は、建築模型における知識、制作技術に関する評価水準を決定するものです。基本的に実務で建築模型を利用しプレゼンテーションを行う企業、技術者に利用されています。

・CADデザインマスター・・・この資格は、CAD、AUTOCAD、JWCADを使用する中で、作図能力、CAD技術が一定レベル以上であり、これからの社会の姿を考えられる人材であることが求められます。この資格を取得すれば業務の中でCADを使用する業界で活躍できることに加え、講師活動も可能となります。

最後は少し趣味的なものにまりますが、面白そうなので紹介させていただきます。

・鉛筆デッサンマスター・・・この資格は、鉛筆でのデッサンを理解し、人や自然等、様々な対象を描く技法のレベルが高い水準であることが求められます。この資格を取得すれば芸術関係を目指すきっかけになるでしょうし、趣味の幅を広げることによって生活を豊かにしていくことができるでしょう。

日本デザインプランナー協会口コミ評判まとめ

日本デザインプランナー協会は、上記で紹介した様々な資格を自宅で受験することができます。そのため、今デザインとは関係のない仕事をしている方等、試験会場に行く時間がない方々にとって非常にありがたいシステムになっています。

近年WEB業界の拡大に伴い、デザイナー等のクリエイティブ職の需要が拡大傾向にあります。ですので、自身のキャリア形成の際にこの日本デザインプランナー協会が役に立つのは間違いないでしょう。是非とも様々な口コミ評判を見ながら資格を取得することを考えてみてください。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)