青を使って仕事運向上!生活にうまく青を取り入れよう

青を使って仕事運向上!生活にうまく青を取り入れよう

風水での青色の意味とは?

まず、風水にとって色はかなり重要な存在とされています。
風水=方位だけ気を付けていれば良いと思われがちですが、色にも意味があるため、気を付ける必要があります。
風水では、青色を冷静やリラックス、タイミングを意味するものとしており、更には高貴な色としても知れ渡っています。

青色を使うと良い場所

・ゆっくりと眠りたい時
冷静やリラックスの意味を持つ青色は、なかなか寝付けない夜にぴったりの色です。
高まっている気持ちを静め、気持ちのいい眠りへと導いてくれるでしょう。そのため、寝室を青色で統一するのをおすすめします。
また、ベッドの方角を気にしておくと、さらに安眠効果を期待できます。
基本的には北の方角か東の方角を頭にすることをおすすめしますが、あまり寝つきが良くないという場合は西の方角が頭になるように寝てみましょう。ただし、これはぐっすりと眠りすぎてしまうため、ずっと西の方角にしておくのはおすすめしません。ある程度しっかりと眠れるようになったら、北の方角か東の方角に戻してください。

・食べすぎを防ぎたい時
青色は、食欲を抑える色と言われています。
少し前に、食欲を抑えるために青色に見えるサングラスをかけて食べる、というダイエット法も流行りました。
冷静になることで、食欲が落ち着き、過剰に食べることを抑えてくれるのです。食べなすぎることは良くありませんが、食欲の秋や、夏ビールの美味しい季節でついつい飲みすぎてしまう時などにはうってつけの色でしょう。サングラスが難しいという場合は、お皿などに青色のものを選んでみましょう。

・勝たなければいけない勝負事の時
青色は冷静さを意味する色です。
何か勝たなければいけない勝負があるのなら、一度青色を見ると良いでしょう。
なぜなら、勝たなければいけないと思ってしまえば思ってしまうほど頭に血が上ってしまい、本来の力を出せないことがあるからです。もちろん、本来の力をしっかり付けておく必要はありますが、100%の力を出すためには青色を利用すべきです。
何事も、一旦冷静になれば解決できる場合が多いので、クレームなどの対応時にも使えます。

青色を使う際の注意点

・青色の財布は避ける
青色は、風水で水を意味する色でもあります。
水は流れるものなので、青色の財布はお金を流してしまうと考えられています。
入ってきてもなかなか溜まりづらくなるので、基本的に財布には避けた方が良いでしょう。

さらに開運にするためには…

青色を使ってさらに開運をしたいという人は、相性の良いとされる色を組み合わせてみましょう。
合わせる色によって、上がる運気も変わってくるので、自分の求めている運気の手に入れられる組み合わせを見ておくのもおすすめです。

・緑色
緑色の濃さによって、上がる運気が変わっていきます。
明るめの緑色は、金運をアップさせてくれます。金運が上がるため、仕事での成功も期待でき、出世運も上がるでしょう。
深い緑色なら、健康運がアップします。

・暖色系の色
水色と暖色系の色の組み合わせは、恋愛運や結婚運をアップさせてくれます。
また、すでに結婚している人は家庭運も向上します。
ここで、あまり濃すぎる青色を持ってきてしまうと、冷たい印象になってしまうので注意しましょう。
グラデーションなどは問題ありません。

風水  風水