風水で北が表す色と意味は?運気アップする方位と色の相性とは

風水で北が表す色と意味は?運気アップする方位と色の相性とは

風水で北の色とは

北の方位は風水では、「水」の気を持つ方位。冷えやすい方位です。
北を表す色は風水では、黒やグレーや水色などの寒色系の暗い色。
水の気を持つ北は、陰の気が強いという特徴もあり、マイナスに働くと健康運に悪い影響を与えてしまいます。
冷えは、さまざまな体調不良を招く原因となることもあるので、注意が必要です。
北の水の気のマイナス要因が多くなると、冷えだけではなく、精神面にも悪い影響を与えてしまう可能性も。
孤独感や不安感などを感じやすくなり、精神的に不安定に陥りやすくなります。
北の水の気がマイナスに働かないように、冷えた気を追い払い、良い運気を招くために風水で工夫してみましょう。
水の気は、停滞させずに流し続けることがポイント。
流れが滞ると水は腐ってしまう性質があるように、気の流れを停滞させないようにしましょう。
北側に、重い大きい家具を置くのはNG。気が停滞しやすい環境を作ってしまいます。
黒やグレーなどの暗い色を使うのも、重い気が集まりやすく、停滞しがちになってしまいます。
北側の部屋は、こまめに掃除をし、換気をすることも気の流れを停滞させないコツ。
動きのある柄やアイテムは、北に取り入れたいアイテムです。
雑貨類やインテリアには、流れるような曲線のような柄やアイテムを選びましょう。
流れるような曲線のものを見た人は、意識も曲線のようにスムーズな動きになる傾向があります。
気の流れも同じで、曲線に沿って、流れるような動きが生まれるのです。
北の方角に相性の良い色を上手に取り入れれば、水の気をプラスに働かせる効果も。
色の使い方を工夫するだけでも気の流れが変わり、運気アップに役立ちます。
北の水の気や色の気の運気をアップさせるには、サポートする色を合わせましょう。

北の運気をサポートする色

北は、水の気を持ち、冷えやすいという難点がある方位。
これを防ぐためには、暖かみのある暖色系の色を合わせると、気のバランスが整い調和が取れるようになります。
北には、クリーム色や、アイボリー、ベージュなどの柔らかい色が、気のバランスを整える働きをします。
水の気の良い運気を働かせ、北の運気である仕事運や、恋愛運、金運をアップさせることができます。
仕事運では、冷静な判断力でビジネスを成功に導いたり、会議や交渉などの場でも平常心を保てるような運気を招くことができます。
恋愛運では、信頼感がアップし、精神面での結び付きも強くなります。
信頼のおけるパートナーと出会えるチャンスも。
金運では、財運を表すのが北の方位。西の方位で得たお金は、北の方位で増やします。
貯金通帳や貯金箱は、北の方位に保管すると財運の良い影響を受けることができます。
これらの北の方位の運気を更に強化させたい場合には、赤い色が刺激となり効果的。
赤い色の花を置いたり、赤い花柄をインテリアに取り入れましょう。
白い色の花の場合は、北の運気を維持するという働きがあります。
観葉植物は、背の高いものが運気アップをサポートし、水の気を鎮める効果も。
北の冷気は下の方にたまりやすいので、足元に暖色系の色を取り入れる方法がおすすめ。
じゅうたんや、ラグマットなどを必ず敷くようにして、色は暖色系のものを選びましょう。

風水  風水