風水であなたの間取りは大丈夫?例題付きで徹底解説

風水であなたの間取りは大丈夫?例題付きで徹底解説

間取りと鬼門

賃貸物件などで、すでに間取りが決まっており、もしもそこが鬼門だった場合どうすればいいか分からないですよね。鬼門とは、北東の方角のことを良い、悪い運気を入りやすくしたり、良い運気が入りにくくなったりと、運気を下げる原因になる場所です。ちなみに、裏鬼門というのも同じような意味であります。裏鬼門は南西の方角です。
キッチンや玄関、寝室など、それぞれの場所にはそれぞれの意味がありますが、鬼門や裏鬼門によってそれを得られていない場合があります。そんな時どうすればいいのか、今回は例題をつけて解決方法をご紹介していきます。

間取り別例題

・例題1
玄関が鬼門、裏鬼門の方角ですが、どうしたらいいでしょう。
・回答
まず、玄関は良くも悪くも運気の出入り口です。鬼門、裏鬼門に玄関があれば悪い気が入り放題になってしまうので、すぐに対処しましょう。
対処方法としては、ごちゃごちゃとしないことです。靴を何足も出しっぱなしにしていたり、シューズケースの上に色々なものが置いていたりすると、悪い運気が集まりやすくなります。また、あまりに悪いことが立て続けに起こってしまう場合は、盛り塩を置いておくこともおすすめです。

・例題2
トイレが鬼門、裏鬼門の方角ですが、トイレは悪い運気を流す場所なので、関係ないでしょうか。
・回答
これも、対策を取る必要があります。
なぜなら、トイレは悪い運気を流す場所なのに、流れにくかったり、流れてもすぐに入ってきてしまうからです。ここでの対策方法としては、トイレを明るくしておくということです。壁紙なども、白を基調としたものを選んでください。汚れてしまった場合は、壁紙の張替えをしてください。また、トイレの滞在時間が長いと、悪い空気を吸ってしまうので、なるべく用を足し終わったらすぐに出るようにしましょう。トイレで本を読んだり、新聞を読んだりとゆっくりするのはやめましょう。
鬼門、裏鬼門の方角に、トイレ以外にもキッチンや浴室など、水回りのものがある場合は、注意が必要なので、まずは清潔にしておくことを徹底しましょう。
さらに、プラスチック製品と相性が悪いので、シャンプー容器や、手を洗う洗剤など、プラスチックのものではなく、ガラス製品のものに入れ替えて使用すると良いでしょう。自然なものなども運気回復の手助けをしてくれます。

・例題3
寝室が鬼門、裏鬼門の方角ですが、どうしたらいいでしょう。
・回答
考え方は様々なので、一概には言い切れませんが、鬼門になる場所に何を置けばいいのかというと、寝室になります。部屋のどこかに、必ず鬼門、裏鬼門の方角というのは出来てしまいますが、その際には寝室を置くのがいいのです。他にも、子供部屋なども良いとされています。
ただし、良い場所だからとそのままにしておくのはいけません。しっかりと対策を採っておきましょう。
寝室は、気の回復や気の吸収できる場所です。
例えば、大きな鏡など、寝ている自分が映ってしまうようなら、それは自分の良い運気も吸われてしまうので、鏡の場所の移動か、布などをかけて普段は見えないようにしておく必要があります。
また、大量な人形やポスターも同様の意味を持つので、基本的には最小限で、1~2体ほどにしておきましょう。

風水  風水