2017年八白土星はどんな年?ラッキーカラー は?

2017年八白土星はどんな年?ラッキーカラー は?

八白土星とは?

八白土星は、はっぱくどせいと読みます。
これは、九星気学のひとつで、日本でも有名な運勢や、性格、相性などを知るために、全ての人に当てはまる占術です。
ちなみに、八白土星は生まれが、1956年(昭和31年)・1965年(昭和40年)・1974年(昭和49年)・1983年(昭和58年)・1992年(平成4年)の人を指します。
八白土星の人は、山のようにどっしりと構えている人と言われています。職人気質で、意思が強く、細かい部分まで目をむけ、一度決めたことは曲げずにやり遂げる強さを持っています。真面目な性格なので、ルールを破るようなことは絶対にしません。兄貴肌、姉御肌なので、困っている人を放っておけない性格で、いつも八白土星の人を慕ってくれる人が周りにいます。
ただし、融通は利かないので、あまりにそれが強すぎると、周りからは頭の固い人だと思われて、離れていってしまうので注意しましょう。

八白土星の人はどんな年になる?

八白土星人の2017年ですが、去年、2016年色々と辛く、なかなか報われにくい年だったのとは間逆に、今までの頑張ってきた成果が芽を出す年になります。
その芽は、とても小さく見つけづらいかもしれませんが、チャンスは思わぬところに落ちています。ただし、良い芽も悪い芽も生えてくるので、悪い目は小さいうちから摘んでいかなければ行かないことを肝に銘じておきましょう。
また今年は、今まで頑張ってきたこと、種まきしてきたことが芽吹く年です。いままで、特になにも種を蒔いていなければ、いつもと変わらない年になります。
そして、気をつけて欲しいことは、2016年、周りから協力が得られなかったり、理不尽な怒られ方をしたり、波乱に巻き込まれやすかったりと色々と苦労の多かった一年だと思います。そのため、2017年がすごしやすい一年になるからこそ、羽目をはずしやすくなります。例え、去年まで種を蒔いていたことがなくても、無意識に蒔いていることもあるので、あまり調子に乗り過ぎないようにしましょう。
運の良い年だからと、待っているのではなく、念には念を入れて、今年一年も慎重に行動していってください。

2017年八白土星のラッキーカラーは?

八白土星の2017年のラッキーカラーは、ブルーです。他にも、ホワイトやイエローもおすすめです。
今年一年、花開く年になるため、つい調子に乗ってしまいますが、気持ちを落ち着ける効果のあるブルーを持ってくることで、一度冷静になることが出来るでしょう。また、ブルーの効果として、いざというときに使うことで、100%の力を出し切れるというのも期待できます。多くの方は、いざというとき、緊張や不安で本来の自分を出し切れませんが、ブルーは、ここぞというときに本来の力を出し切れるよう手助けしてくれます。せっかく回ってきたチャンスを逃さないよう、ここぞというときのプレゼンや、テストなどのときには、ブルーのペンやファイル、ネクタイなどワンポイントで使うよう心がけてください。
また、家の中が明るいと、良い運気が入りやすくなるので、サブカラーとしてインテリアにホワイトやイエローを持ってくることで、さらに良い方向へ進むように工夫しましょう。

風水  風水