風水で理想の家づくり!玄関・リビング・寝室の良い間取りとは?

風水で理想の家づくり!玄関・リビング・寝室の良い間取りとは?

風水で見る理想の間取りとは

風水の方位の図り方は、家の中心を基準に図ります。
家の中心を基準として北東の方位に位置するのが「鬼門」。
その反対側の南西に位置するのが「裏鬼門」と呼ばれている場所です。
鬼門と裏鬼門は、邪気が入って来るとされている方位で、風水では水回りや玄関を配置しないようにしている方位です。
鬼門に水回りや玄関がある家は、風水カラーや風水アイテムを使って、良い気が流れ込む工夫をしましょう。

玄関の理想の間取り

良い玄関の方位は、東や南東とされています。
玄関は気が入ってくる入り口で、風水ではとても重要視される場所です。
玄関に悪い気があると、家の中まで悪い気が入ってしまいます。
玄関を常に清潔に保ち、整理整頓をしておくことは、キレイな気を招き入れるために大切な行い。
キレイな気は、キレイな場所に流れます。
良い玄関とは、清潔で明るく風通しの良い玄関です。
人や気の出入り口である玄関は、常にキレイな状態で、お客様や良い気をお招きしましょう。

リビングの理想の間取り

良いリビングの間取りは、東や南東を向いているリビングです。
日当たりが良く、風通しの良い明るいリビングが理想的です。
リビングは、家族みんなが集まる場所であり、お客様をおもてなしする場所。
リビングには凶方位はないと考えられていますが、明るく清潔であることが大切です。
ものが散乱しているリビングには、良い気が流れてきません。
家族の共用スペースなので、個人の私物などは置かないようにして、家族のものを置くようにしましょう。
写真を飾る場合は、リビングには家族写真を飾りましょう。

寝室の理想の間取り

寝室の間取りによっては、健康運に影響があるとされています。
風水では、夫婦の寝室には北西の方位が良く、家の主の寝室は家の中心部分にあると良いと考えられています。
家の主の寝室が隅にあると、悪い影響がある可能性も。
また、ストレスに悩まされている人は、北の方位に寝室を配置すると解消されます。
寝室の間取りが悪くても、ベッドの位置を良い位置にしたり、インテリアの色で調節したりと改善策はたくさんあります。
風水で、寝室の悪い気を良い気の流れに変えて質の良い睡眠を得られるようにしましょう。

トイレの理想の間取り

トイレは水回りの中でも特に陰の気が集まりやすい場所。
鬼門や裏鬼門の方位に配置するのは避けましょう。家の中心にトイレがある間取りも良くありません。
トイレは、明るく風通しの良い場所に配置し、常に清潔を心掛けましょう。
汚れや悪臭は、悪い気を集めやすいので注意が必要です。
トイレの気のバランスが陰の気に集まると、健康運に悪い影響を与える恐れも。
陽の気を取り入れるために、トイレマットや便座カバーには、暖色系のものを用いると良いです。
風水アイテムを飾ってトイレの気のバランスを整えることもできます。
トイレの悪い気を浄化し、気のバランスを整えるためには、観葉植物がおすすめのアイテム。
白い陶器の植木鉢に入れて飾りましょう。
トイレの理想的な間取りは、東や南東の方位。
窓がない場合は換気扇を利用して、新しい新鮮な空気が入るようにしましょう。
汚れを落とすことはもちろん、ニオイにも気を配り、消臭剤や芳香剤を利用して気持ちの良いトイレの環境を作りましょう。

風水  風水