風水で選ぶ良い間取りのマンションとは?良い土地や良い階数は?

風水で選ぶ良い間取りのマンションとは?良い土地や良い階数は?

風水的に良い間取りのマンションとは

風水では、日当たりの良いマンションは「陽」の気が入りやすく、良い気が流れる環境です。
日当たりが悪いマンションでは、部屋は暗く、洗濯物は乾きにくく、カビが生えやすい環境です。
そのような部屋に住んでいると、気分が沈みがちになり、陰の気が強く働く部屋になってしまいます。
気分が沈んでいると、良い気は流れてきません。
また、日光が当たらない部屋は寒いので、光熱費にも影響があり、金運もダウンということになります。
たいていのマンションは日当たりを重視して建てられているので、日当たりの良い物件の選択肢はたくさんあり、その点は心配は少ないです。
自分で間取りを決められる一戸建てとは違い、マンションで完璧な風水の間取りにするのは難しいものがあります。
しかし、部屋のレイアウトや色使いなどを工夫すれば、悪い間取りのマンションでも難点を解決できるのです。

マンションの間取り図で確認しよう

新築マンションは、完成前に購入することがほとんど。
モデルルームは見学できても、実際のお部屋は、完成してからではないとわかりません。
窓から入る自然光の具合や、暖かさ・寒さ、ベランダからの眺望など。
部屋の間取り図で確認するしかありません。
風水的におすすめのマンションの間取りは、ベランダの向きが南東のマンションです。
ベランダ側にリビングがあることが多いので、南東のリビングは日当たりも良く明るいので、風水では良い間取りです。
南東向きのマンションの場合は、たいていの玄関の向きは反対側の北西。
北西の玄関は、風水では悪い玄関ではないので悪い間取りではありません。

風水的マンション選びのポイント

間取りを確認する前に、まずはマンションが建てられている立地条件を調べましょう。
高い建物に挟まれていたり、道路の突き当りだったりする立地は、気の流れが悪くなりやすい土地です。
悪い気が停滞しやすく、良い気の流れを妨げてしまいます。
見晴らしがよく、陽の気が活発に流れるような立地を探しましょう。
間取りは、全体的にキレイな長方形になっているマンションの部屋が、良い間取りと考えられています。
凸凹のある間取りでは、気の流れも凸凹になり、更には運気まで安定せず凸凹になってしまいます。
運気アップに効果的な、全体的な間取りの形を意識して選びましょう。
高層マンションも増えていますが、風水の大地のエネルギーを受けたいのであれば、樹木の高さを超えない階数が理想とされています。
4階から5階を超えない方が風水のエネルギーを受けやすいです。
風水では、大地から「木」「火」「土」「金」「水」のエネルギーを受けていると考えられています。
これらの気のエネルギーが、プラスの方向に働くような環境に整えることで、人にも良い影響があるのです。
あまりに高層階では、これらの大地のエネルギーが届かなくなる心配があります。
特に小さな子供は、大地のエネルギーをたくさん受けて成長させたいものです。
子育て中の方のマンション選びには、自然のエネルギーを受けられる、樹木より高くならない程度の階数で選びましょう。
マンションでの階数選びは、好みがありますが、風水的には高層階はおすすめできません。

風水  風水