風水で良い間取りのワンルームは?快適一人暮らしの風水アイテム

風水で良い間取りのワンルームは?快適一人暮らしの風水アイテム

一人暮らし用ワンルームの良い間取りとは

一人暮らしをする家は、たいていはワンルームマンション。
ワンルームマンションは、限られた空間の中で、居室を広く取りたいため、玄関やキッチン、トイレなどが狭くなってしまう傾向にあります。
風水では、ワンルームという間取りは良いものではありません。
しかし、ファミリー向けの物件や、全てが広くゆったりとした空間の物件は、家賃も高額のものが多く、一人暮らしにはなかなか厳しい条件であることも。
一人暮らしをするのは期間が限られている場合が多いので、家具類などをあまりたくさん置かずに、広い空間を確保できるように日頃から整頓を心掛けましょう。
風水では玄関は、東や東南に位置しているのが良い間取りとされています。
ワンルームでは、ベランダと反対側に玄関が位置している物件がほとんど。
南向きのベランダの物件では、北側に玄関という配置になります。
ワンルームの場合は、玄関の位置で家を選ぶよりも、部屋の日当たりを重視して選ぶと良いでしょう。
ワンルームとはいえ、玄関から部屋の中のベッドなどが全て見えてしまう物件は、風水的には良くありません。
玄関と居室の間に、目隠しでのれんを下げたり、カーテンで仕切りましょう。
観葉植物などで、気の流れを変えるのも良い方法です。

一人暮らしの開運風水

ワンルームに一人暮らしをする場合は、風水を取り入れた家具のレイアウトで運気をアップさせましょう。
ベッドは、玄関から見えない位置に置くようにしましょう。
南東や南にベッドを置くと、良い人間関係を築けます。枕の向きが玄関に向かないように気をつけましょう。
東には、テレビやオーディオなど、音の出るものや情報が入ってくるものを置くと良い気が流れやすくなります。
ワンルームでは、テレビなどの電子機器とベッドも同じ部屋にあるので、電子機器からの電磁波が良い気を乱す可能性も。
テレビなどの電子機器の近くに、観葉植物を置くと電磁波を緩和してくれます。
観葉植物は、悪い気を吸い込んで良い気を出してくれる天然の空気清浄機です。
ワンルームでの一人暮らしには、是非取り入れたい風水アイテムです。
ワンルームマンションは、収納が少なく、ものが散らかりやすいですが、収納家具は必要最低限にし、ものを増やさないようにしましょう。
狭い部屋に、たくさんの家具が置いてあると良い気の流れを妨げてしまいます。
スムーズに良い気が流れるような、通り道をつくってあげなくてはなりません。
特に鬼門と呼ばれる北東の方位には、何も置かないようにするのがポイント。
どうしても置かなくてはならない場合は、白の家具を置きましょう。
常に部屋をキレイに掃除し、整理整頓をしておくことは、風水での基本です。
仮の住まいであるという事を意識して、ものを増やし過ぎないようにしましょう。
窓には必ずカーテンをつけて、運気アップに役立つ色を選ぶと良いです。
金運アップなら黄色、恋愛運アップならピンク、仕事運アップなら青、など、目的の運気アップに合わせて選びましょう。
カーテンは、覗き見防止アイテムでもありますが、風水では幸運を呼び寄せるアイテムとして活躍します。
方位と色を相性の良いものにすれば、更に運気アップに効果があります。

風水  風水