風水で良い間取りの家づくり!リビング・キッチン・トイレの方位

風水で良い間取りの家づくり!リビング・キッチン・トイレの方位

リビングの間取りと方位は?

リビングの間取りは東、南東、南の方位が良いでしょう。
日当たりと風通しの良いリビングには、良い気が集まります。
家族全員が集まり、団らんを取るリビングは、明るく暖かい東や南東、南の方位の間取りが適しています。
お客様を招いておもてなしをする場所でもあるので、リビングは快適に過ごせる間取りにしましょう。
明るく楽しく賑やかな家庭を築くことができます。
人間関係の運気も上がり、仕事運や金運アップにもつながります。
リビングには、個人の私物を置かないようにして、家族写真や家族の共用のものを置きましょう。
昼間はたっぷりと太陽の光と風を取り入れて、暗くなる前にはカーテンを閉めて良い気が逃げないようにしましょう。
リビングのカーテンは、方位と相性の良い色と柄のものを選び、暗くならないデザインが合います。

キッチンの間取りと方位は?

キッチンでは、火を使い水を使うので、良い気が燃えやすく流れやすい場所。
コンロの火だけではなく、冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器などの電気製品も、火の気に属しています。
火の気は金運を燃やしてしまう可能性があるので、キッチンにお金や財布など置かないようにしましょう。
生ゴミの悪臭や、シンクの汚れ、コンロの油汚れなど、汚れがたまったキッチンはマイナス要素が多くなり、悪い気を呼び込みやすい環境となってしまいます。
こまめに汚れを掃除するよう心掛けましょう。
明るく清潔なキッチンには、良い運気が入りやすくなります。
キッチンの気のバランスを整え、運気をアップさせるには、方位と相性の良い色を使ったり、水晶や観葉植物などの浄化作用のあるアイテムを置きましょう。
風水アイテムを上手に使って、キッチンには常に良い気が流れるように工夫しましょう。

トイレの間取りと方位は?

トイレに適した間取りは、東と南東の方位です。
家の中心にトイレを配置することは、風水では悪い間取りとされています。
また、家の鬼門と呼ばれる方位である北東に、トイレがある間取りも良くありません。
トイレは不浄の場所とされていて、陰の気が集まりやすい場所でもあります。
冷える場所でもあるので、暖かい方位に配置し健康運をアップさせましょう。
明るく風通しの良い方位がトイレには適しています。
トイレスリッパはトイレでのみ使用し、部屋にトイレの悪い気を持ち込まないようにすることもポイント。
便座のふたは閉めて、悪い気が流れ出ないように注意しましょう。
トイレは常に清掃し、清潔が保たれていれば、陰の気も寄せ付けにくい環境なります。
風水では換気もとても大切。窓があるトイレが理想的ですが、ない場合は換気扇を利用して換気を心掛けましょう。
悪臭も悪い気を呼び込む原因となってしまいます。
悪臭の元となる汚れを落とし、換気にプラスして消臭剤や芳香剤も活用しましょう。
陰の気がたまりやすいので、トイレマットや便座カバー、トイレスリッパ、タオルなど、トイレのインテリアカラーには暖かみがあり柔らかい色を取り入れましょう。
トイレに観葉植物を飾るのもおすすめ。白い陶器の植木鉢が風水的に相性が良いです。
観葉植物は悪い気を浄化してくれるので、気のバランスが整い良い気が流れやすいトイレになります。

風水  風水