2016年 吉方位に行けば幸運がつかめる

2016年 吉方位に行けば幸運がつかめる

引越しや旅行に活用できる

風水で開運の秘策には、パワースポットに行って良い運気を取り入れるというものがあります。しかし、そこは
必ずしも自分の運気も高めてくれる場所にはならないこともあります。なぜなら、人それぞれに吉方位というも
のがあり、その方位にあるパワースポットに行かないと、いろいろな運気が上げられないからです。風水の方位
学では、その人に応じたそれぞれの吉方位があり、九星気学による「一白水星」のような生まれ年で分けられま
す。これは、九星表で簡単に知ることができます。また自分の運気を高めてくれる吉方位は、年が変わる度に変
わるので、2015年の吉方位、2016年の吉方位と言うものがあります。ここで言う2016年は、2016年2月4日~2017
年2月3日までの1年間を指します。その年の吉方位は、引越しや500キロ以上の遠距離への旅行で活用すると効
果的とされます。それでは、この2016年の吉方位について説明していきます。

それぞれの方位への旅行

ここで言う旅行は国内外で最低100キロ以上のものを指します。2016年の一白水星の人の吉方位は北・南・西で、
北は生気とされ、吉方位に旅行をすれば大吉。南は生気とされ吉方位に旅行をすれば大吉。西は退気とされ、吉
方位に旅行をすれば吉。二黒土星の人の吉方位は北・東・南で、北は退気とされ、吉方位に旅行すれば吉。東は
生気とされ、吉方位に旅行すれば大吉。南は退気とされ、吉方位に旅行すれば吉。三碧木星の人の吉方位は東・
西で、東は退気とされ、吉方位に旅行すれば吉。西は比和とされ、吉方位に旅行すれば中吉。四緑木星の人の吉
方位は南東・北西で、南東は生気とされ、吉方位に旅行すれば大吉。北西は比和とされ、吉方位に旅行すれば中
吉。五黄土星の人の吉方位は北・東・南で、北は退気とされ、吉方位に旅行すれば吉。東は生気とされ、吉方位
に旅行すれば大吉。南は退気とされ、吉方位に旅行をすれば吉。六白金星の人の吉方位は南東で、南東は退気と
され、吉方位に旅行すれば吉。七赤金星の人の吉方位は南東で、南東は退気とされ、吉方位に旅行すれば吉。八
白土星の人の吉方位は北・東・南で、北は退気とされ、吉方位に旅行すれば吉。東は生気とされ、吉方位に旅行
すれば大吉。南は退気とされ、吉方位に旅行すれば吉。九紫火星の人の吉方位は北西で、北西は生気とされ、吉
方位に旅行すれば大吉となります。

それぞれの方位からもたらされる運気

2016年に一白水星の人にもたらされる運気。北は交際の発展に関わる恋愛運、接客業などの仕事運。東は努力が
報われる仕事運、人生が充実する発展運。南はプロジェクトや事業での成功運。西は出会いに関わる恋愛運、結
婚運、対人運とされます。
二黒土星の人の場合、北は交際の発展に関わる恋愛運、接客業などの仕事運。東は努力が報われる仕事運、人
生が充実する発展運。南東は出会いに関わる恋愛運、結婚運、対人運。周囲の人から評価が高まるとされます。
南はプロジェクトや事業での成功運。西は出会いに関わる恋愛運、結婚運、金運、対人運。北西は新企画などで
の成功運、就職転職運、出世運、事業運、投資運。
三碧木星の人の場合、北は交際の発展に関わる恋愛運、接客業などの仕事運。東は努力が報われる仕事運、人
生が充実する発展運。南はプロジェクトや事業での成功運、投資運。西は出会いに関わる恋愛運、結婚運、金運、
対人運。
四緑木星の人の場合、北は交際の発展に関わる恋愛運、接客業などの仕事運。南東は出会いに関わる恋愛運、
結婚運、対人運、海外との縁。南はプロジェクトや事業での成功運。投資運。北西は新企画などでの成功運、就
職転職運、出世運、事業運、投資運。
五黄土星の人の場合、北は交際の発展に関わる恋愛運、接客業などの仕事運。東は努力が報われる仕事運、人
生が充実する発展運。南東は出会いに関わる恋愛運、結婚運、対人運。周囲の人から評価が高まるとされます。
南はプロジェクトや事業での成功運。西は出会いに関わる恋愛運、結婚運、対人運、金運。北西は新企画などで
の成功運、就職転職運、出世運、事業運、投資運。
六白金星の人の場合、東は努力が報われる仕事運、人生が充実する発展運。南東は出会いに関わる恋愛運、結
婚運、対人運、海外との縁。西は出会いに関わる恋愛運、結婚運、対人運、金運。北西は新企画などでの成功運、
就職転職運、出世運、事業運、投資運。
七赤金星の人の場合、東は努力が報われる仕事運、人生が充実する発展運。南東は出会いに関わる恋愛運、結
婚運、対人運、海外との縁。西は出会いに関わる恋愛運、結婚運、対人運、金運。北西は新企画などでの成功運、
就職転職運、出世運、事業運、投資運。
八白土星の人の場合、北は交際の発展に関わる恋愛運、接客業などの仕事運。東は努力が報われる仕事運、人
生が充実する発展運。南東は出会いに関わる恋愛運、結婚運、対人運、海外との縁。南はプロジェクトや事業で
の成功運、投資運。西は出会いに関わる恋愛運、結婚運、金運、対人運。北西は新企画などでの成功運、就職転
職運、出世運、事業運、投資運。
九紫火星の人の場合、北は交際の発展に関わる恋愛運、接客業などの仕事運。南東は出会いに関わる恋愛運、
結婚運、対人運、海外との縁。南はプロジェクトや事業での成功運、投資運。北西は新企画などでの成功運、就
職転職運、出世運、事業運、投資運となります。

まとめ・信じられていることに意味がある

生まれ年に基づく九星で導き出された吉方位。人それぞれにある方位の秘策があることがわかります。風水によ
る開運方法と合わせて、その方位に赴けば、それだけで金運や幸運などがつかめるはずです。ただ、ここで導き
出されている方位は、2017年の2月3日を過ぎると効力を失ってしまいます。次の2017年の方位に基づいた吉方位
を活用しなければなりません。この一年の切り替わりが、新暦の1月1日ではないので、間違いやすい面がありま
す。翌年の節分までがその年の適用範囲になります。風水は、古から開運知識なので、どうしてもこういった違
いがあります。しかし、古来信じられているからには、信じるに足りる根拠のようなものがあるはずです。これ
を上手く活用すれば、開運は意外に身近なものかもしれません。

風水  風水