2016年 財布に関わる風水の秘策

2016年 財布に関わる風水の秘策

機能を越えたパワーが宿る

一般的に財布の寿命は約1000日とされています。金運はだいたい3年を越えたあたりで衰えてしまうとされます。
いつまでも、古い財布を使っていると、お金の巡りが滞ることもあるようです。財布は約3年が目安になるよう
ですが、3年未満であっても、買い替えた方が良い場合があります。財布の表面が擦り切れたりしている。ファ
スナーや財布の留め金が壊れている。中身を抜かれたり、一回盗まれた財布。金運がないと感じる。これらの状
態にあったら金運が望めないので、新しく買った方が良いと言えます。新調した財布を使うことで、金運の流れ
が円滑になるはずです。風水的に見ると、金色の長財布が金運に最適とされていますが、それ以外にも、その年
に応じた金運カラーがあり、それに彩られた財布を持つことが、より効果的とされます。大切なお金を収納する
場所ですが、機能的な意味合いを越えたパワーが宿るアイテムでもあります。それでは2016年における金運を授
ける財布について説明していきます。

2016年財布のラッキーカラー

2016年の財布のラッキーカラーは、ベージュ・白・ゴールドとなっています。風水に取り入れられた九星気学で
2016年は「二黒土星」の年とされ、実りをもたらす年になっています。土との相性が良い年にもなります。これ
は土地を耕し育てて実りを手にすることから、先行きの運を育てることにつながるとされます。この土と相性が
良いのがベージュなので、金運をはじめとした豊かさをもたらします。特に女性の場合、ベージュピンクがより
効果的とされます。ピンクは人から助力が得られる色なので、自分一人ではできなかったことができるようにな
ります。またピンクは、女性の運気を高める力も持っています。これらが合わさったベージュピンクは、女性が
持つ金運財布に最も相応しいものになります。白は物事をリセットする力があり再起を可能にし、悪い金運を浄
化するとされます。これが財布に彩られることで、停滞していた金運が消し去られ、新しい金運を運んでくれる
はずです。ゴールドは、いつでも金運をもたらす色ですが、2016年では、より一層金運を高める年になるようで
す。

財布の使い始めの時期

財布の使い始めは、天赦日などの吉日が良いとされます。2016年の天赦日は次のようになっています。2月26日、
4月26日、5月12日、7月11日、9月23日、12月8日となります。この天赦日の中で、一粒万倍日が重なる日が3日
あります。一粒万倍日は、1粒が万倍になるという故事から金運や商売運には欠かせない吉日となっています。
2016年の天赦日と一粒万倍日が重なる日は次のようになります。7月11日、9月23日、12月8日となります。また
月がもたらすツキのパワーなどを考え合わせると7月11日、12月8日は、金運にツキが加わるかもしれません。ギ
ャンブル好きの人には、願ってもない効果がありそうです。この他、寅の日や大安も財布を使い始める良い日に
なります。虎の黄色が金運を象徴し、邪気から守り福を運ぶところから寅の日は、古くから金運を財布に授ける
とされます。大安は、主に結婚式などで意識しますが、一番縁起の良い吉日でもあります。何かを始めるのに最
適の日とされ、財布でも、手に入れたり使い始めると金運がもたらされるとされます。

財布に施す金運の秘策

財布は一番最初に入れたお金を記憶するとされています。ここから、使い始めにお札を沢山入れて大金を記憶さ
せると金運が高まるとされています。大金が心地良く感じる場所になり、財布も大金がないと心もとなくなり、
大金を呼び込むという好循環を生みます。じり貧だとどんどんお金が出て行きますが、例え一時的な見せ金だと
しても、お金がいっぱいあれば、お金がお金を呼ぶということにつながるようです。一説によれば、お金は寂し
がり屋だとされます。ここから財布のお金に仲間をどんどん増やせさせるためにお種銭を入れるという金運の秘
策があります。このお種銭は、実際に使わず常に財布に入れておきます。お種銭は、その時代の新品の高額紙幣
や銭が良いとされているので、現代では、新札の一万円札が良いとされます。さらにお札の番号に関する秘策も
あります。お札の番号に「9」が記されていると来るに通じて、お金を呼び込みやすいとされます。「115」が
記されていると「天下を取る」という意味があり、天下を取る程の金運がもたらされるされます。財布の場合、
お札ですが、小銭入れの場合は、金ピカの5円玉も良いとされます。

まとめ・財布で身近に金運を実感

財布は、風水の秘策などを意識して使うのと使わないのでは、かなり金運に違いが出てくるのがわかります。基
本的に立派な財布には金運があります。つまり見た目が悪いと金運を逃してしまうことにつながるわけです。家
電に寿命があるように、財布にも寿命があり、買い替えは必要なことと言えます。お金の巡りが悪くなったと感
じたら、いつも使っている財布に注目してみるのも手かもしれません。また財布の中に、その年の干支や縁起物
を入れておくと金運が上がると言われています。縁起物には、蛇の抜け殻、縁起の良い生き物の根付けなど様々
なものがあります。自分に合ったものを選んで金運のお守りとして入れます。この縁起物は古い財布から引き継
いで新しい財布に入れるよりは、新しい財布には、新しい縁起物とした方が良いと言えます。財布は、ただ用途
のために持ち歩くのではなく、その年の金運カラーに則ったものや、お金が増えるという秘策を実践し、金運の
上昇を実感したいものです。

風水  風水