玄関 鏡は良くも悪くも影響力がある

玄関 鏡は良くも悪くも影響力がある

家相とも密接につながる玄関の鏡

玄関に鏡を置いている人は結構多いのではないでしょうか。暗めの玄関だと、鏡があれば、照明を付けた時によ
り一層あかるくなります。また外出する際には、最終チェックなどもできるので重宝します。風水では、玄関に
鏡を置くことは、正しき置けば効果的に開運が導かれますが、一歩間違うと、良い運気が入ってこないばかりか、
不運を寄せ付けてしまうこともあります。しっかりと鏡について把握する必要があります。一口に鏡と言っても、
大きさや形がいろいろとあり、何をどう置いたら良いのか迷うところでしょう。置く位置によっても効果が異な
ります。玄関そのものの方位によっても、置き方は変わります。自分の家の玄関にピッタリな鏡を選ぶことが大
切です。日本の風水では家相という考えも取り入れられているので、玄関と家そのものとの結びつきが強くなっ
ています。特に玄関は、運気の取り入れ口として重要な意味を持ちます。それでは、風水における玄関に置く鏡
について説明していきます。

玄関に置く鏡の種類

一般的なものとしては平面鏡があります。このような平らな鏡は一方向へ運気の流れを反射する作用があるとさ
れます。正方形の鏡は、その形がその場の運気の状態を維持させるとされます。円形の鏡は金運と関わりが深く、
円形が運気を集中させるとされます。楕円形の鏡では、運気を拡散させる力が強いとされます。鏡のフレーム部
が金属や大理石だとより効果的とされます。縦長で長方形の鏡は、東・南東・南にある玄関の良い運気を増やす
とされ、鏡のフレーム部が木だとより効果的とされます。横長で長方形の鏡は、南西・西の玄関に金運を数多く
呼び寄せるとされます。凸面鏡は、表面の凸面部に運気を拡散させる作用があるとされます。玄関が大通りに面
していたり、周囲の建物の角が自宅をさしている場合、その鋭い運気を散らす効果が期待できます。凹面鏡は、
吉運を集める力があるとされます。光の焦点によっては火災に注意が必要です。姿見サイズの鏡は、スタンドミ
ラーのように全身が映るものが理想とされます。八角形の鏡は、風水八方位がもっとも調和している鏡となりま
す。北の玄関に置けば財産を守り、南の玄関では才能や魅力を強めるとされます。

玄関の鏡の位置

鏡を玄関ドアの真正面に置くと、家の中に入る運気を跳ね返してしまうとされます。玄関は運気の入口なので玄
関正面に置くのではなく、壁側に鏡を置きます。玄関ドアを背にして、右側の壁に鏡を置くと仕事運や芸術運が
上昇するとされ、左側の壁に置くと金運や健康運が上昇するとされます。しかし、両側に設置すると合せ鏡とな
り、不運や不幸を呼ぶとされます。この玄関入って右側に置くというのは、風水で運気の流れが反時計回り動い
ていることに由来します。玄関の右側は運気の通り道になるわけです。金運や恋愛運を高めたい場合は、西の方
角に鏡を置きます。また玄関正面に鏡を置くのは良くないとされますが、家の設計上、どうしても玄関正面に鏡
が設置されていることもあります。その場合の対策としては、衝立や屏風などを鏡の前に置いて、風水の環境を
整えます。玄関正面に階段がある場合は、玄関ドアの横に大きな平面鏡を設置し、運気の流れが真っ直ぐ階段に
向かわないようにします。

鏡の置き方の注意点

一番よく知られているのが合わせ鏡です。合わせ鏡をすると鏡の中に同じ像がいくつもあり、無限に姿が映る神
秘的な状態になります。しかし、風水では合わせ鏡は運気を乱し不吉とされます。また複数の小さな鏡が集まっ
たような鏡も運気を乱すので、避けたいものです。増えたら困るものが映る鏡。こちらも運気が乱れるとされま
す。玄関に置き放しになるものとしては、ローンの支払い明細やレシート、古新聞や古雑誌、汚れた服や汚い靴
などが考えられます。増えては困るものは、隠しておくか、鏡の前に置かないようにします。鏡は風水的に結構
パワーを持つものなので、放置しておくのは好ましいことではありません。風水に関わりなく玄関に鏡を置くこ
とは比較的多いでしょう。鏡の位置によりますが、普通に立ち上がったった時に映る人の頭全部が鏡に映らない
のは、良くありません。頭が欠ける鏡の設置は、発展運を低迷させるとされます。頭は全部映るようにするのが
基本です。

まとめ・玄関は風水の影響力が大きい

玄関の鏡の置き方一つで、いろいろな運気との関わりがあることがわかります。風水を実践するにあたって、玄
関は重要な場所の一つになります。そこに鏡を置くとなると、その影響力は、他の部屋に比べると比重がかなり
高くなります。その方位がもたらす運気の性質を強めたいのか、静めたいのかでも置き方は異なってきます。鏡
のそのもの形や玄関がどの方位に向いているかなどに注意して設置します。また鏡や方位のパワーをより効果的
にする素材と形があるので、的確に選ぶ必要があります。風水で鏡は水を表し、運気の流れを遮蔽したり、欠け
た運気を補ったり、運気の向きや性質を変えたり、悪い運気を跳ね返すことが知られています。これらを逆効果
にしないように活用したいものです。玄関は広く明るければ良い運気が訪れるのですが、諸般の住宅事情により
なかなかそうも行きません。自宅の玄関に合わせた風水の鏡の知恵を活かして良い運気を取り込みましょう。

風水  風水