寝室 レイアウトが重要な要素になる

寝室 レイアウトが重要な要素になる

寝室は総合的に判断する

寝室は、誰にとっても疲れが取れる場所でなければなりませんが、眠りが浅い、寝てもスッキリしないなどの問
題を抱えている人が多いのではないでしょうか。良い寝室とは、熟睡でき目覚めが良い部屋となります。リラッ
クスできる落ち着いた部屋は、運気を上昇させるとされます。しかし、マンション、アパート、一戸建てなど、
ほとんどどれも既成の間取りになるので、ベッドを置く位置など寝室のレイアウトは、限られたものになりがち
です。特にベッドの位置などは重要なのですが、どうしても向きや位置が変えられない場合、風水の知恵を活用
することになります。いろいろな部屋に応じた寝室のレイアウト、相性の良い色や照明の明るさ、インテリアや
アイテム、これらを風水に最適なものにすれば、寝ている間に、運気の改善や、向上がはかれるわけです。風水
には、個々に適したものがありますが、寝室の場合、それらを総合的に判断した寝室のレイアウトが大切とされ
ます。それでは、風水における寝室とレイアウトについて説明していきます。

寝室のレイアウトでベッドは主役

広過ぎる寝室は風水上、好ましくありません。大きな部屋の場合、ベッドを真ん中にレイアウトしないようにし
ます。できれば、ドアの対角で、寝室の最も奥にベッドをレイアウトします。窓からの運気を直接受けないため
に、窓にベッドを向けるのも好ましくありません。どうしても置かなければならない場合、窓とベッド間に衝立
や家具をレイアウトします。寝室の壁沿いにベッドを取り囲む形にドレッサー、タンス、本棚などが置いてある
と圧迫感があります。風水では、北から南に運気の流れがあるとされますが、取り囲まれていると運気の流れが
滞ってしまいます。流れを遮るような家具は、置かないようにします。ベッドの位置は、陽が昇る東に頭が来る
ようにします。またベッドヘッドがあるベッドの場合、ヘッド上に、物を置かないようにします。もし置いてあ
ると運気を下げることにつながります。目覚まし時計やスマホなどは、サイドテーブルに置いた方が良さそうで
す。

寝室のレイアウト上、相応しくないもの

寝室の壁には、どんな形の鏡でも置かないようにします。おしゃれな丸い鏡や、大きな姿見などがありますが、
どれも寝室から別の部屋に移動させることで吉相となります。これは、ベッドに寝ている間、自分の姿が鏡に映
ることで、運気が下がるとされるからです。特に姿見は、寝室全体を闇の中でも映し出すことになり、運気が乱
れ落ち着かない部屋になります。ドレッサーは、寝室に良くレイアウトされるものですが、その鏡に寝姿が映ら
ない位置に移動させます。移せない場合は、使用しない時は扉を閉じるか鏡面を布なので覆うと良いとされます。
パソコンや作業机など、仕事との関わりが深いものは寝室にレイアウトしないようにします。良い運気を吸収す
る力が弱め、リラックスができないため熟睡できなくなります。健康運に影響を及ぼすこともあります。別の部
屋に移動させるか、カバーなどを掛けるようにします。

寝室の枕とカーテンのレイアウトについて

枕は人により好みの大きさ、高さ、硬さがあるようですが、風水では、大きい枕が良いとされます。大きさだけ
で言うと、ヘッド部分の80%程を覆う大きさが最適とされます。気に入っている枕が小さい場合、ミニ枕やミニ
クッションを両脇に置いたりして風水環境を整えます。色はグラデーションカラーにするか、同色系のものにす
ると良いとされます。枕の置く位置は、廊下や階段、トイレの方向に頭を向けないようにします。これらの場所
は、運気の流れが安定せず、その影響で安眠を妨げられることがあるからです。枕が窓のすぐ近くにある場合、
悪い運気にさらされないようにカーテンで対処します。寝室にレイアウトするカーテンは二重にします。朝カー
テンを開くことで、陽光とともに良い運気を入れ、夜カーテンを閉めることで、悪い運の流入を防ぎます。カー
テンが一重だと運気のコントロールが難しくなるとされます。カーテンの柄が派手なら、運気を活気づける陽の
気、無地なら運気を鎮める陰の気を持つとされます。

まとめ・最適なレイアウトが開運へ導く

寝室に風水を取り入れるためには、寝室のレイアウトが大切なことがわかります。寝室次第で、睡眠の質が大き
く変わり、もたらされ運気が変わります。お金持ちの寝室は、それなりに風水上でも納得のいくレイアウトにな
っています。一方で、お金に縁の薄い人の寝室は、ほとんどの場合、風水に適っていないようです。寝室は、風
水上かなり重要な場所として知られています。人生のほぼ3分の1の時間を過ごし、そこで運気を取り込むわけ
です。あまり適切でない寝室で寝ていると、徐々に健康と財産に悪い影響を与えることになります。寝室のレイ
アウトには、気を配る必要があります。基本的に寝室は、広かったり、天井が高く窓が多いものは、好ましくあ
りません。部屋の陽の運気が足りなくなり、悪い運気が生まれるとされます。特にそのような寝室には、風水対
策は必要となります。いずれにしましても、寝室のレイアウトを最適なものにして、より一層幸せに暮らしたい
ものです。

風水  風水